トップページ > 環境への取り組み > 「工学部から広がった全学横断の環境教育プログラム」

環境への取り組み

「工学部から広がった全学横断の環境教育プログラム」

信越・北陸地区

2020年7月3日
信越・北陸地区

信州大学 工学部

国公立大学初のISO14001認証取得

 信州大学工学部は、「エネルギー」、「食」、「水」、「先進材料」、「環境」、「デザイン」といった現代社会が抱える問題を見据え、その解決を目指した学科展開を図ることにより、社会に貢献する人材育成を目指しています。さかのぼれば平成13年、エコテクノロジーの教育・研究を推し進める決意として、国公立大学初となるISO14001認証を工学部で取得しました。学生を中心としたエコキャンパス構築の取り組みは、工学部から信州大学全5キャンパスへと波及し、平成22年には医学部及び同附属病院の認証範囲拡大をもって、全学における認証取得という大きな目標を達成しました。その後、平成29年には外部認証機関による認証を返上し、自組織の環境マネジメントシステムに移行しています。

環境学生委員会よるごみ分別調査環境学生委員会よるごみ分別調査
地域と協働したごみ拾い活動地域と協働したごみ拾い活動

海外の環境問題を学ぶ

 信州大学では、平成20年から多様な視点で捉えることのできる環境マインドをもった学生を育成することを目的にした「環境教育海外研修」の取組みを行っています。これまでアジア、ヨーロッパを中心にこれまで計10カ国で研修を行いました。研修の旅費は教員、学生ともに大学から補助します。引率教員は理系、文系を問わず学内から有志を募ります。これまでに工学系教員は3回担当し、イタリアでは「環境とエネルギー」、タイでは「エネルギーの行方、資源産出国タイで学ぶ環境と資源」、スペインでは「スペインバルセロナで独自の環境政策を学ぶ」というテーマで実施しました。帰国後、「環境教育海外研修報告会」を開催し、その成果を多くの学生たちに還元しています。

イタリア(ラルデルロ地熱発電所)イタリア
ラルデルロ地熱発電所
タイ(家畜排泄物を活用したバイオガス)タイ
家畜排泄物を活用したバイオガス
スペイン(公共レンタサイクル)スペイン
公共レンタサイクル

全学横断特別教育プログラム「環境マインド実践人材養成コース」

 信州大学では、3年前より全学部の学生を対象にとした独自の履修認定制度「全学横断特別教育プログラム」を実施し、意欲のある学生に自身の専門領域を超えた知識と経験、実践力を養い、社会から求められる高度キャリア人材を育成しています。同プログラムの一つとして、令和元年度より、環境分野の幅広い課題の基礎知識を身につけ、特に国際社会の共通の目標であるSDGsや、持続可能な循環共生型の社会構築を意識して、課題解決の考え方を学ぶ「環境マインド実践人材養成コース」を開始しました。同コースの専用科目では、環境保全に取り組む企業や自治体などにゲスト講義を依頼し、実務者から直接学ぶ機会を多く用意しています。また、現地実習として、信州の自然環境や特色を生かした長野県内の環境の課題を扱う実践ゼミⅠ(ローカル編)、さらにサテライトオフィスのある海外協定校と連携し、日本と比較しながら環境の課題を学ぶ実践ゼミⅡ(グローバル編)があります。また、同コースでは、環境内部監査員養成講習会を必修としています。環境内部監査を環境教育訓練の機会として積極的に活用するためにオリジナル教材を開発中です。工学部が長年取り組んできた教育研究の成果を、全学的な環境教育プログラウムと融合させ、社会課題解決に果敢にチャレンジする人材を育成していきます。

飯綱高原のバイオマス発電所飯綱高原のバイオマス発電所
長野市企業のリサイクル展示施設長野市企業のリサイクル展示施設
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-02-01

生レポート!大学教授の声

地球、水と空気。そして機械工学

筑波技術大学産業技術学部

2020-01-24

環境への取り組み

クリーンアースな未来のために:海洋生分解性プラスチックの開発

群馬大学理工学部

2011-11-28

環境への取り組み

「科学・夢のロードマップ」を実現させよう

新潟大学工学部

2018-04-12

工学ホットニュース

海に眠るブルーエネルギーが地球を救う

岡山大学環境理工学部

2018-02-08

生レポート!卒業生の声

時代に求められるエネルギーをつくる

岐阜大学工学部

2019-11-22

生レポート!大学教授の声

歩行空間の安全性向上

岡山大学環境理工学部

信州大学
工学部

  • 物質化学科
  • 電子情報システム工学科
  • 水環境・土木工学科
  • 機械システム工学科
  • 建築学科

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。