トップページ > 授業紹介

授業紹介

20/2/7(金)

フィールドを大切に!一貫した流れの中で設計製図を学ぶ
(信州大学 工学部)

信州大学工学部建築学科では、2年生の前期から必修科目として設計製図が始まります。平成28年度の学科改...
20/1/31(金)

学外実習ー関西建築実習
(鹿児島大学 工学部)

建築は「読むこと・見ること」にはじまります。どのような意図や歴史的経緯の中でその建築がつくられたかを...
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

工学系学部ではどんな授業科目があるのかな?

大学の工学系学部ではどんな授業科目があるか、分かりますか? 簡単に紹介しましょう。
大きく3つに分けることができます。

教養科目

幅広い教養や総合的な判断力を養う授業科目(文系科目や語学、保健体育など)です。

理系基礎科目

学科にとらわれずに、理系に共通する基礎的な知識を学ぶ授業科目(数学、物理、化学など)です。

専門科目

各学科の専門分野の知識を学ぶ授業科目であり、皆さんが期待している科目でしょう。

卒業するためには、教養科目、理系基礎科目、専門科目をバランスよく勉強しなければならず、それぞれ合格しなければならない科目の数(正確には単位といいます)が決められています。

また、それらの科目には、必ず受けなければならない科目(必修科目)と、自分で選んで受けることのできる科目(選択科目)があります。




このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。