トップページ > 生レポート!大学教授の声 > 「役に立つ」・「没頭」・「何か」

生レポート!大学教授の声

「役に立つ」・「没頭」・「何か」

2021年12月17日
福島大学 流域水文学研究室
横尾善之

 大学入学前、理学と工学の違いを私は調べた。理学は真理を探求し、工学は理学を応用して社会の役に立つことを目指すという趣旨のことが何に書いてあった記憶がある。この「役に立つ」ことは素晴らしいが厄介で、受験生のみならず、日本社会のあらゆるところで誤解を引き起こしているように思う。大学院の博士後期課程修了まで、私もすぐに「役に立つ」ことを盲信していた。ポスドク時代の留学先で大量の英語論文を読む中で、自分が心底面白い(=知的興奮を覚える)いくつかの論文やその著者に出会った。彼らは、もっと自由に、心の赴くままに思考・議論し、新しい発想や考え方を提案し、革新的研究を展開していた。彼らの研究は深遠で、「役に立つ」までの時間が長いのだ。私はそんな論文や発表に感嘆し、鳥肌を覚えた。これが私の研究者としての出発点であり、今も研究を楽しめている原体験である。私は今、いずれ「役に立つ」日が来ることを楽しみに研究している。

 これから大学生になる皆さんには是非「没頭」できる何かを見つけて欲しいとは思うが、それは簡単ではない。「やりたいことがわからない」と言う学生は多いが、それは当然だと思う。一定の時間を投入して関心を持ち続けなければ、何かを心底面白いと思える瞬間は来ないだろう。このため、関心があることは、片っ端からやってみて欲しい。その中から、関心を持ち続けられることに出会えたら、是非長く続けてみて欲しい。そうすると、それまで経験してきた自分の想像を越える「何か」に出会い、感嘆し、心底面白いと感じられる瞬間が来ると思う。その「何か」は、あなたにとって本物である。あなたを魅了し続け、うまく行かない時が来てもあなたを鼓舞し続ける。そういう「何か」がある人は、幸せであり、本当に強い。どんなに優秀で経験があっても、この「何か」がない人は、ある人には敵わない。あなたがこの「何か」と出会えるのは卒業後の仕事の中にあるのかもしれない。私が「何か」を見つけたのは30歳前後だった。

 さて、「何か」と出会えたらどうするか。当然、前進あるのみである。若いエネルギーを爆発させて、古い世代や慣習を蹴散らして、社会を変革して欲しい。それこそが社会の「役に立つ」イノベーションであり、工学の本懐である。「何か」を見つけたあなたが人生を振り返った時、工学教育が役立っていたと思ってもらえると嬉しい。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-01-22

生レポート!卒業生の声

『ものづくり』って面白い!!

鹿児島大学工学部

2021-12-17

環境への取り組み

ヒートポンプ熱源としての貯水池の利用

三重大学工学部

2016-11-11

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

工学部での4年間

山梨大学工学部

2017-04-07

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

反対向きに転がる円柱の不思議

静岡大学工学部

2019-04-26

Pict-Labo

硬い材料に微細・複雑な形状を創成する放電加工

筑波技術大学産業技術学部

2021-12-17

工学ホットニュース

記憶の神秘に迫る「バイオイメージセンサ」

豊橋技術科学大学

福島大学
共生システム理工学類

  • 数理・情報科学コース
  • 経営システムコース
  • 物理・システム工学コース
  • 物質科学コース
  • エネルギーコース
  • 生物環境コース
  • 地球環境コース
  • 社会計画コース
  • 心理・生理コース

学校記事一覧

生レポート!大学教授の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。