トップページ > 生レポート!大学教授の声 > 横浜の研究の森で

生レポート!大学教授の声

横浜の研究の森で

2018年12月14日
横浜国立大学 理工学部
梅原出
サイエンスインカレで発表する横浜国立大学理工学部の学生サイエンスインカレで発表する横浜国立大学理工学部の学生
横浜国立大学理工学部ROUTE のLOGO横浜国立大学理工学部ROUTE のLOGO
Research Opportunities for UndergraduaTEs

 横浜国立大学理工学部について、紹介させていただきます。すでに、「大学教授の声」では、2010年2月に当時の工学部長石原修先生が、2017年5月には現理工学部長の渡邉正義先生が当時の工学部や現在の理工学部について、紹介されていますので、是非そちらもお読みいただければと思います。

 横浜国立大学の理工系の教員は、研究院という組織で、世界最先端の研究を行なっています。この研究院に所属し、世界最先端の研究を行う教員が、学部である理工学部や大学院の理工学府で教授するという仕組みをとっています。これは、決して研究活動にのみ重きをおいているというわけではありません。世界最先端の研究を行う教員こそが、大学というステージでは、最も良き教育者たり得るという想いが込められた仕組みです。そんな仕組みを生かした取り組みが横浜国立大学理工学部にはあります。ROUTEと名付けています。ROUTEは、Research Opportunities for UndergraduaTEsの大文字を繋いだものです。直訳してみましょう。Research Opportunitiesは、研究する機会です。UndergraduaTEsは、学部生という意味です。すなわち、ROUTEは、学部学生が研究するプロジェクトということになります。横浜国立大学理工学部では、多くの大学がそうである様に、4年生になって研究室に配属されて研究活動を始めますが、ROUTEは、1年生から3年生までの早期に研究を始めることが出来るプロジェクトです。例えば、機械工学教育プログラムでは、「xTerramechanics: 極限環境下で作業を行うオフロード機器に関する実験的研究」「3Dプリント部品の作製と形状評価・補正に関する研究」「人・機械融合型リハビリ支援装置の開発研究」「ARを用いたロボット教示支援」「元町キタムラとのコラボによる曲率線展開法によるバッグの設計・製造」「精密作業ドローンの開発」「超高速・高精細3Dプリンティング技術の研究」「医療用ウェアラブルデバイスの開発」「ハイブリッドアクチュエータを用いたパワーアシストスーツの開発」「空飛ぶ車の空力設計」などの17の最先端研究に直結するテーマが教員から示されます。学生は、自分が興味を持ったテーマがあれば、そのテーマをもとに、教員や大学院生と研究を始められます。ROUTEに参加した学生の中には、サイエンスインカレでプレゼンテーションを行い、文部科学大臣表彰をはじめ多くの賞を受賞している学生もいます。早期からの研究活動で、専門知識を獲得するだけではなく、いま社会で求められる能力のうち最も大切であると言われているコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も育まれることを示しています。ROUTEプロジェクトには、iROUTEというプログラムもあります。iはinternational(国際)のiです。iROUTEでは、次の二つのプログラムを実施しています。

  1. 学部の早い時期からROUTEに参加して研究成果を挙げてきた学生が、国際感覚を身に着けるために、指導教員の海外共同研究先において研究を体験するプログラム 
  2. 海外有力大学から教授とTAを招聘し、学部生が演習を含む出前式の集中講義に参加することによって有力大学と同じ内容の講義を体験し、国際感覚を養うプログラム

iROUTEに参加することで、社会で求められている国際性を身につけることが出来ます。①に参加した学生のなかには、学部学生にも関わらず、英語で学術論文を執筆し、国際ジャーナルに掲載された実績もあります。読者の皆さん、横浜の街を見下ろす研究の森、横浜国立大学理工学部で世界最先端の研究を一緒にしませんか。

横浜国立大学工学研究院を象徴するLOGO横浜国立大学工学研究院を象徴するLOGO
Campus for Research Excellence in Advanced TEchnology and Science
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2017-03-17

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

「震災のなぜ?から歩む工学への道」

島根大学総合理工学部

2017-03-17

環境への取り組み

環境に優しい新たな空調システムによる熱エネルギーの有効利用

岡山大学工学部

2011-01-28

生レポート!卒業生の声

技術者・研究者を目指す皆さんへ

香川大学創造工学部

2018-03-02

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

ふしぎな物質「水」の世界

東京農工大学工学部

2015-04-07

環境への取り組み

屋外空間の不均一温熱環境予測・評価技術の開発

福井大学工学部

2018-01-19

生レポート!大学教授の声

『制御』って本当に面白い

広島大学工学部

横浜国立大学
理工学部

  • 機械・材料・海洋系学科
  • 化学・生命系学科
  • 数物・電子情報系学科

学校記事一覧

生レポート!大学教授の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。