トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 学部生活を通して

生レポート!現役学生の声

学部生活を通して

2022年11月18日
佐賀大学 理工学部
Y.M.

 私は佐賀大学理工学部に所属している4年生です。私が佐賀大学の学部生として過ごしてきた4年間について、お話しできたらなと思います。

 1年生の頃は、特に目標もなく適当に過ごしていました。佐賀大学理工学部は1年生の間は全員が同じ科目の授業を受けるので、特に専門性が高い科目があるわけでもなく、ただ授業があるから大学に行っているという生活をしていました。

 2年生になり、都市基盤工学コースに配属されてからは、土木についての専門的な授業が始まり、勉強のやる気も上がっていました。特に水理学という学問はかなり難しく、なかなか内容が頭に入ってこなかったので、教科書や配布資料を何度も見直して復習したのを今でも覚えています。後期頃からは研究室の存在を意識しだし、成績を気にするようになりました。

 3年生の頃は、実験が専門科目に追加され、実験後のレポートをまとめる作業にひたすら追われるという生活をしていました。今思えば、学部生として過ごしてきた4年間で一番きつかった時期だったと思います。一方で、班ごとに分かれての実験だったので仲の良い友達が増えたことはとても良かったなと思っています。

 4年生となり研究室に配属されてからは、研究内容について試行錯誤を行っています。正解が分からない問題に取り組むということをあまり経験したことがなかったので、もどかしさを感じつつも少しずつ成果を出すことを目標に日々過ごしています。学部卒業後は大学院へ進学する予定なので、さらに勉強と研究に没頭しようと思っています。

 最後に大学生活を通しての感想ですが、これまで述べてきたことは勉強中心の内容でしたが、友達と旅行に行ったり、飲みに行ったり、家に泊まったり、と息抜きする時間は十分にあるのでメリハリに気を付けて生活してほしいなと思います。拙い文章ではあったと思いますが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2020-09-04

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

土木の現場で地域住民の生活を支えたい

群馬大学理工学部

2022-04-01

生レポート!卒業生の声

大学生活で得た財産

福井大学工学部

2021-10-01

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

「かっこいい」に憧れて

金沢大学理工学域

2018-12-21

生レポート!現役学生の声

「高専・大学生活を過ごして」

神戸大学海洋政策科学部

2021-05-07

工学ホットニュース

美しく安全な構造物のための自動設計ツールの開発 ー建築と土木、芸術の境界領域から新しい学問を開拓するー

香川大学創造工学部

2020-04-10

生レポート!現役学生の声

研究で身に着けられるスキル

和歌山大学システム工学部

佐賀大学
理工学部

  • 数理科学科
  • 物理科学科
  • 知能情報システム学科
  • 機能物質化学科
  • 機械システム工学科
  • 電気電子工学科
  • 都市工学科

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。