トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 学業と、あともう一つ

生レポート!現役学生の声

学業と、あともう一つ

2022年3月10日
広島大学 工学部
M.Y.

 広島大学工学部4年、建築設計・デザインについて学んでいる学生です。学生生活では茶室や森林の中の滞留施設、まちづくりなど様々なジャンルの建築設計コンペに参加して設計技能を身に着ける日々を過ごしています。

 建築設計コンペとは提示された課題に対して、建築的なアイディアによってその問題を解決するというものです。良い作品を作るために休日や睡眠時間を削ることも珍しくなく、それだけ時間をかけても落選することがあります…ですが、課題に対して思考を巡らせる過程で建築学や社会問題に関する知識が養われ、設計技量は確実に向上します。また、どんな表現方法を用いればより伝わるのか?そのためにどのツールのどんな機能を用いればより良いのか?「説明する」を「訴えかける」に昇華させられるのか?といったことを考える過程で作品の発表技能も向上します。これは建築に限らず、様々な場面で活用できる重要な能力です。

 この「建築設計コンペ」の面白いところは、単に成績が良いだけでは良い建築をつくれない点だと思います。敷地に足を運び、類似作品の情報を地道に集め、そのうえで知識とひらめき・感性が良い作品を形作る。これは教科書や解法パターン通りに順を追っていけば100点がとれたテストとは大きく異なる点であり、難しくもその一方で一番面白い点です。

 もちろん、教科書の知識を確実に身に着けることも重要です。基礎知識がないと建築と呼べるものをつくれませんし、適切な知識の積み重ねは作品に強い説得力をもたらしてくれます。また、誰よりも学業に力を入れることで今まさに私がこのHPの文章の執筆をしているように、他の人にはできない経験をさせて頂くことも少なくありません。

 ただ、教科書を読んでテストで100点を取るだけの大学生活を過ごすのは非常にもったいないことだと考えています。比較的まとまった時間を確保でき、1日のスケジュールを高校よりも自由に調整でき、多彩な施設やツールを利用でき、…そんな大学生の時期にしかできないことが皆さんのまわりに溢れています。設計コンペに限らずともサークル活動・地域活動・イベントへの参加など、自分の学生生活を豊かにする「何か」を一つ、ぜひ探してみてください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2018-12-21

生レポート!現役学生の声

「高専・大学生活を過ごして」

神戸大学海洋政策科学部

2017-04-28

生レポート!現役学生の声

何かに本気で打ち込むことの大切さ

宇都宮大学工学部

2010-09-21

生レポート!現役学生の声

進路を考えているみなさんへ ~「工学部」ってどんなところ??~

金沢大学理工学域

2015-10-08

生レポート!卒業生の声

卒業して今思うこと

香川大学創造工学部

2010-06-10

生レポート!現役学生の声

大学生活向上計画進行中

電気通信大学情報理工学域

2021-05-07

工学ホットニュース

美しく安全な構造物のための自動設計ツールの開発 ー建築と土木、芸術の境界領域から新しい学問を開拓するー

香川大学創造工学部

広島大学
工学部

  • 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) 
  • 第二類(電気電子・システム情報系) 
  • 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 
  • 第四類(建設・環境系) 

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。