トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 熱中できるものを見つけよう

生レポート!現役学生の声

熱中できるものを見つけよう

2021年12月10日
東京海洋大学 海洋工学部
R.I.

 こんにちは!私は東京海洋大学、海洋工学部、海事システム工学科に所属しています。学内でこの学科は「デッキ(航海部門)」とも呼ばれ、船や海について幅広く勉強しています。

 この大学を選んだ理由は、船という人類史上最大の乗り物にあこがれたからです。船という乗り物をもっと理解したい、高校物理の浮力の計算だけでは満足できない、という思いをいだきこの大学に入学しました。

 本学科の一番の特徴はやはり、乗船実習でしょう。乗船実習では、航海当直や入港・出港など、航海士がやっている作業を実際に経験しながら学んでいきます。10秒あれば走り出す自動車と違い、船は大人数が協力して初めてエンジンがうごきだし、海に出ることができる乗り物です。100m以上ある船を自分たちが動かしていると自覚した感動は、初めての自動車教習の何倍も大きいものでした。また気の置けない友人との船上生活は、毎日が修学旅行のようで楽しいものです。

 学業のほかに、私は「木曜会」という海でセーリングをする部活動に所属していました。この他にもカッター部やヨット部など、船系の部活動が充実しているのも本学の特徴の一つです。また上海海技大で行われるドラゴンボート大会に参加することもでき、船乗りを目指している世界中の学生と交流できる貴重な経験になりました。

 大学生という期間は、時間と行動力が高校までとは比べ物にならないほど手に入ります。ぜひ自分の好きなこと、興味のあることに熱中してみてください。そして自分の世界観をどんどん広げていってください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2018-09-28

なんでも探検隊

AIを利用した航行安全への取り組み

東京海洋大学海洋工学部

2022-02-10

生レポート!現役学生の声

海事からのスタート

神戸大学海洋政策科学部

2021-11-12

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.100】幼い頃からの夢が叶った話

神戸大学海洋政策科学部

2020-10-02

生レポート!卒業生の声

自ら選んだ道で学ぶことの面白さ

神戸大学海洋政策科学部

2021-03-05

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

船のコンサルタントになるまで

東京海洋大学海洋工学部

2017-02-17

なんでも探検隊

量子コンピューターと「分身の術」

新潟大学工学部

東京海洋大学
海洋工学部

  • 海事システム工学科
  • 海洋電子機械工学科
  • 流通情報工学科

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。