トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 石油の街 ヒューストンでの研修

生レポート!現役学生の声

石油の街 ヒューストンでの研修

2017年3月17日
秋田大学 国際資源学部 国際資源学科 資源政策コース 3年次
G.K.
ヒューストン事務所の社員の方々とヒューストン事務所の社員の方々と

 私は平成28年10月に国際資源学部の最も大きな特長である「海外資源フィールドワーク」へ行きました。今回の研修は、アメリカのヒューストンにある石油資源開発株式会社の子会社で石油開発に関連する業務を体験するといった内容でした。

 ヒューストンは1900年代初頭から石油産業が盛んな街であり、世界最大の医療研究機関の集積地テキサス医療センターやNASAのジョンソン宇宙センターが設置されているハイテク産業が有名な場所でもあります。気候、文化、人、平原の続く広大な大地、すべてが新しい環境の中で研修できたことは私の宝物です。

 フィールドワークの内容は、北米シェールオイル開発事業における石油会計、石油開発や石油税制に関する国際会議等への参加でした。実際の業務に加え、セミナーでたくさんの地元企業の方や地質、石油工学を専攻する学生の生の声を聞けたことは、今回ヒューストンへ行ったからこそ出来た体験だと思います。

 また、今回のフィールドワークでは同事務所の所長宅や現地の方の家にホームスティをし、アメリカの文化を肌で感じることができました。休日にはゴルフやテニス、アメリカンフットボールの観戦や観光など、研修以外にも充実した日々を過ごすことができました。

 約3週間という短い期間でしたが、恐れず挑戦することの大切さと、海外で働くことのイメージをつかむことが出来た内容の濃い研修でした。この貴重な機会を与えてくれた企業の方々、先生方に感謝し、これからも様々なことに関心を持って挑戦し続けたいと思います。

ホームスティ先での食事会ホームスティ先での食事会
現地の伝統的なお祭り、ルネサンスフェスティバルにて現地の伝統的なお祭り、ルネサンスフェスティバルにて
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2018-12-14

工学ホットニュース

次世代のロボット:分子機械を組み立てて造る分子ロボット

東京農工大学工学部

2019-01-11

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

金属の性質を見てみよう

岡山大学工学部

2018-12-14

環境への取り組み

大気中の二酸化炭素カラム量を計測してみよう

鹿児島大学工学部

2018-11-16

工学ホットニュース

無線給電技術における回路工学とアンテナ工学の橋渡し

群馬大学理工学部

2018-08-24

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

仲間と切磋琢磨しあい成長できる環境

富山大学工学部

2011-12-05

生レポート!現役学生の声

現役学生の声を出身高校にも届けています

新潟大学工学部

秋田大学
国際資源学部

  • 資源政策コース
  • 資源地球科学コース
  • 資源開発環境コース

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。