トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 壁にぶつかったときに一人で悩まず、周りからヒントを得ることが大切

生レポート!卒業生の声

壁にぶつかったときに一人で悩まず、
周りからヒントを得ることが大切

2022年12月23日
福井大学大学院工学研究科 電気電子工学専攻
重電機器系メーカーM社
A.T.

 私が当時大学院工学研究科で所属していた研究室においては、同期でも全く異なるテーマについて実験的研究をおこなっていたため、直接に一緒になんらかの研究に関わる作業をなすということはあまりありませんでした。しかし、研究中に壁にぶつかったり、進捗にいきづまったときにたった一人で悩んだか?というと全くそうではありませんでした。

 私の所属していた研究室のメンバーは、日々、それぞれで自身の方向性へ専門性を高め、それぞれのテーマに準拠した研究に精力的に取り組んでいました。そのため、私が行っている研究とは異なるアプローチや、別の手法で研究を行っている様子を毎日研究室内で触れることができ、大きな刺激となりました。また、たとえ研究のテーマが全く違っても、研究室のメンバーは、各自が自身のテーマの実験的研究を通じて獲得してきたそれぞれの経験・知識・ツールに基づいて、様々なアドバイスや意見をくれました。そして、私自身も、自分のテーマに関して培ってきた経験等を用いて、研究室のメンバーへ意見やアドバイスを行うことで、逆に自分の研究へ新たなヒントを見つけられることもありました。

 そういった研究室のメンバーから受けた刺激や助けは、自分の研究で進む方向に悩んだときに、参考にしたり役立てたりと、自分の考えの中で利活用したりすることができ、私自身の研究を一歩も二歩も三歩も進めることができたことをよく覚えています。もし最後まで自分一人で悩んでいたら、自分が満足した研究成果を得られることはできなかったかもしれません。

 大学院を修了し社会人となり、大学院時代に身につけた周りの人たちからありとあらゆるヒントを得ようとする姿勢はとても大切であると実感しています。皆さんも是非、周囲の友人や同じ研究室のメンバーから吸収する力を身につけていって下さい。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2023-11-02

生レポート!卒業生の声

自分の気持ちに、妥協はしない。視野は絞らず、目標は明確に。

北見工業大学工学部

2023-12-15

なんでも探検隊

マイクロ波を用いた探査レーダ

長崎大学工学部

2019-08-22

生レポート!現役学生の声

「化学・物質工学」を学ぶ魅力

長崎大学工学部

2023-01-06

生レポート!卒業生の声

「視野の広さ」と「考えること」の重要性

熊本大学工学部

2021-12-17

環境への取り組み

ヒートポンプ熱源としての貯水池の利用

三重大学工学部

2019-04-26

Pict-Labo

硬い材料に微細・複雑な形状を創成する放電加工

筑波技術大学産業技術学部

福井大学
工学部

  • 機械・システム工学科 機械工学コース
  • 機械・システム工学科 ロボティクスコース
  • 機械・システム工学科 原子力安全工学コース
  • 電気電子情報工学科 電子物性工学コース・電気通信システム工学コース
  • 電気電子情報工学科 情報工学コース
  • 建築・都市環境工学科 建築学コース・都市環境工学コース
  • 物質・生命化学科 繊維・機能性材料工学コース、物質化学コース、バイオ・応用医工学コース
  • 応用物理学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。