トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 何事もやってみる姿勢が大事

生レポート!卒業生の声

何事もやってみる姿勢が大事

2019年7月19日
神戸大学 工学部 情報知能工学科 卒業
(株)野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部 K.H.

 私は工学研究科(情報系)の大学院を修了し、現在、野村総合研究所にて仕事をしています。大学院ではORや最適化を専門とし、製造業を対象とした生産スケジューリングの最適化手法に関する研究をしていました。

 大学に入学した当初は、情報系の分野に特段興味があったわけではなく、自分の将来に不安を抱きながら過ごしていました。しかし、研究室に配属され、自分の研究テーマを持ち、研究を進めていく中で、1つのことを突き詰めていく楽しさを感じるとともに、ITの可能性を感じ、現在のシステムコンサルタントという職業に就くことを決めました。

 私が大学・大学院で学んだことのうち、皆さんにお伝えしたいことが2つあります。1つ目は、何事もやってみる姿勢が大事だということです。人は行動する前から無理だと判断し、諦めてしまうことが非常に多いと思います。しかし、苦手でもやってみよう、全然わからないけどやってみようといった姿勢を持つことで、新たな自分を見つけることができると思います。私も自分には情報系は向いていないと勝手に決めつけていましたが、実際本気で向き合ってみると、案外そんなことはありませんでした。今まで知らなかった新たな自分を見つけた時の感動は何にも代え難いものであり、大きな自信に繋がると思います。

 2つ目は、自ら考え、自ら行動することが重要だということです。研究をしていく中で、自ら課題を設定し、課題解決のためのプロセスを組立て、試行錯誤を繰り返しながら愚直に進んでいくことを学ぶことができました。専門的な知識が身についていったことも当然嬉しかったことですが、自分なりの物事の進め方を獲得できたことが最大の収穫だったのではないかと思っています。

 上記の2つの学びは、現在の仕事にもとても役に立っています。工学部の良い点は、様々な研究を通じて、多くを学び、自ら成長できる点だと思います。皆さんも何事もやってみる姿勢で、色んな事に挑戦してみてください。きっと新たな自分が見つかると思います。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2017-11-02

生レポート!現役学生の声

進むべき道

香川大学創造工学部

2018-11-09

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

やりたいことは大学でみつかる

宮崎大学工学部

2016-12-16

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

工学系を生き抜くコツ

宇都宮大学工学部

2018-10-12

生レポート!現役学生の声

富士山ゼミ

山梨大学工学部

2017-04-07

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

反対向きに転がる円柱の不思議

静岡大学工学部

2017-11-02

生レポート!現役学生の声

Knowledge is power

徳島大学理工学部

神戸大学
工学部

  • 建築学科
  • 市民工学科
  • 電気電子工学科
  • 機械工学科
  • 応用化学科
  • 情報知能工学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。