トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 就職して思う事

生レポート!卒業生の声

就職して思う事

2017年1月20日
琉球大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 卒業
沖縄電力 電力流通部 給電指令所 系統運用課 勤務
S.T.
就職して思う事

私は大学院にて電気電子工学専攻課程を修了し、現在は沖縄電力の給電指令所で勤務しています。給電指令所では時々刻々と変化する需要に合わせて各発電所の出力調整や電力系統の潮流・電圧の監視制御、電力設備の点検・補修等に伴う停止操作、需給運用計画の作成等を行っています。現場機器の操作の仕方や各変電所までの道のり、不具合対応など覚えることは多いのですが、電力系統の運用に携わっているという事が一番実感できる場所なので日々充実しています。
学生時代は遮断器のアーク現象について研究しており、その研究の成果を国内・国外の学会にて発表する機会が多くありました。研究成果はすぐ出ることは少なく、常に失敗と検証の繰り返しでした。実験が上手くいかなかった時は、この実験の基になっている理論、目的など基本的な所に立ち返って見直すように意識してしていました。このような考え方は不具合対応時など仕事にも活かされていると思います。また日々業務を行う中で「現在の系統運用になっている背景は何か?」「不具合等が起きた時どう対処するか?」を常に考えることで問題点や改善点を見つけるように意識して仕事に取り組んでいます。さらに、ただ仕事をこなすのではなく、必ず一日に一つは何か知識・技術を身に付けるように心がけています。その為に毎日一つ何か宿題を作ってその日のうちに先輩に聞いたり、文献等で調べるようにしています。
学生の皆さんは現在学んでいることが将来どのように活かされるのかイメージするのは難しいと思います。就職して思うのは、学生の時に“どのくらい学んだか”ではなく、“どのように物事に取り組んだか”が重要だという事です。それは学生時代も就職してからの人生にも当てはまると思います。「遊び」にしろ「勉強」にしろ自分なりの考え・目的を意識して全力で取り組んでいれば仕事に対しても同じように取り組むことが出来ると思います。
学生生活は長いようであっという間です。これから工学部を目指す学生のみなさんは学生生活の中で一日一日を大切に色々なことを経験するように意識してみてください。充実した学生生活になるよう頑張ってください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2018-04-12

工学ホットニュース

海に眠るブルーエネルギーが地球を救う

岡山大学環境理工学部

2010-02-01

生レポート!大学教授の声

地球、水と空気。そして機械工学

筑波技術大学産業技術学部

2016-11-07

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

残像現象を楽しむ~立体ゾードロープを作ろう~

熊本大学工学部

2019-03-08

Pict-Labo

光り輝く構造色、生物の構造を模倣した発色体の創製

福井大学工学部

2013-03-19

なんでも探検隊

21世紀型林産工業の創生~木質ナノカーボン~

和歌山大学システム工学部

2014-01-10

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

手作りスピーカーを作ろう

福井大学工学部

琉球大学
工学部

  • 機械システム工学科
  • 環境建設工学科
  • 電気電子工学科
  • 情報工学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。