トップページ > 環境への取り組み > 換気を控えることによるメリット~大学図書館の書庫の事例~

環境への取り組み

換気を控えることによるメリット~大学図書館の書庫の事例~

関西地区

2021年12月17日
関西地区

神戸大学工学部建築学科
高田 暁

換気を控えるという選択肢

 換気することは良いことであると思われがちです。もちろん、室内空気に含まれる汚染物(におい、ウイルス、空中を舞うホコリなど)の濃度が高いとき、室内よりクリーンな屋外の空気と入れ換えることで、室内空気の質は良くなりますが、どのような場合も「換気=善」とは限りません。

図書館の書庫の事例

 ここでは、神戸大学附属図書館の協力を得て、学内の一つの書庫について調査を行った事例をご紹介します。書物の保存のため、この書庫では除湿機が用いられています。実測値を見ると、書庫内の絶対湿度が外気の絶対湿度がより低い時間帯が多くなっています(図1)。外気の湿度が室内よりも高い場合、換気することで、せっかく除湿している空間に外気の水分を持ち込むことになり、換気は除湿の邪魔をすることになります。もっとも、その空間に大勢の人が出入りするのであれば、換気が必要ですが、書庫の場合、人の出入りが少なく、換気の必要性が高くありません。今回調査を行った書庫の換気扇はOFFの状態でした。しかし、室内と屋外をつなぐ換気扇のダクト(管)を通じて、自然に外気が出入りしていることが分かりました(写真1のようにティッシュペーパーを細く切って換気の吹き出し口に当ててみて判明しました)。そこで、ダクトの出入り口をビニールシートで閉鎖し、書庫の換気量を減らすことが試みられました(写真1)。ダクトを閉鎖する前と後の書庫内の湿度を比較すると、ダクトを閉鎖したことで、書庫内の湿度が低めの値で安定していることが分かります(図2)。一方、解析モデルによるシミュレーション(書物や壁体の熱容量や湿気容量を考慮した室内の温湿度の計算)を行ったところ、換気用ダクトの出入り口を閉鎖するだけで、6月から12月までの機械による除湿量が2割近く減るという結果が得られました。つまり、この書庫では、換気を控えることで、書物にカビの生えにくい環境が得られ、なおかつ、除湿機の消費電力量が減少して省エネルギーの効果があるということが示されました。

図1 書庫室内と外気の湿度比較(実測値)図1 書庫室内と外気の湿度比較(実測値)
図2 換気口閉鎖の前後での湿度比較(実測値、2018年秋と2019年秋の比較、換気口は2019年6月に閉鎖)図2 換気口閉鎖の前後での湿度比較
(実測値、2018年秋と2019年秋の比較、換気口は2019年6月に閉鎖)
写真1 換気口の閉鎖(換気扇はOFFであるが、外気の出入りが確認されたため、ビニールシートで閉鎖)写真1 換気口の閉鎖(換気扇はOFFであるが、
外気の出入りが確認されたため、ビニールシートで閉鎖)

今後に向けて

 貴重な図書をカビから守るために除湿するという直接的な対処はすぐに思いつきますが、換気量を抑えるという間接的な対処は盲点となりがちです。今回の場合、換気量を抑えることで、図書がカビから守られ、なおかつ省エネルギーが達せられるという2つのメリットが同時にありました。室内空気を衛生的に保ったり、適当な通風で涼を得たり、冬期の住宅内での結露を防止したりと、換気がプラスに働く場面は多いのですが、やみくもに換気をするのは愚かなことです。目的に応じて必要最小限の換気をすることが重要です。

参考文献

  1. 栗木孝輔、高田暁、中嶋麻起子、書庫の湿度制御に及ぼす換気の影響、日本建築学会近畿支部研究報告集(環境系)、第60号、pp.317-320、2020.6.
  2. 人間-生活環境系学会ホームページ コラム「人間と生活環境」第1回
  3. 工学研究科建築学専攻高田研究室ホームページ
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2013-01-09

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

空気の流れを見てみましょう!

長崎大学工学部

2021-10-08

工学ホットニュース

多様な電解技術と解析技術でカーボンニュートラルに貢献

山口大学工学部

2016-01-28

環境への取り組み

どろどろ、さらさらを科学する~ 省エネルギー技術から食品開発まで ~

山口大学工学部

2016-02-12

環境への取り組み

先駆的スマートキャンパス実現に向けて

静岡大学情報学部

2021-09-10

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

生き物の動きを追跡してみよう!

大分大学理工学部

2022-01-07

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.106】自分が夢中になれること

鹿児島大学工学部

神戸大学
工学部

  • 建築学科
  • 市民工学科
  • 電気電子工学科
  • 機械工学科
  • 応用化学科
  • 情報知能工学科

学校記事一覧

環境への取り組み
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。