トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 僕の大学生活

生レポート!現役学生の声

僕の大学生活

2020年12月18日
岡山大学 工学部 電気通信系学科
H.K.

皆さんこんにちは!
私は岡山大学 工学部 電気通信系学科に所属しています。私は、超電導という分野について学んでおり、日々研究に取り組んでいます。超電導とは、ある条件下で物質の電気抵抗がゼロになる現象のことです。近年、環境問題やエネルギー問題により排出ガスに対する規制が厳しくされており、とくに大型船舶への規制が強くなっています。そのため代替動力源として高温超電導モータが期待されていて、私の研究では特に界磁コイルの応用を想定しています。先日は学会で発表する機会をいただき、「接触抵抗」についての研究を発表しました。このような場で発表することは初めてだったので、どのような説明をしたら分かりやすいものになるのかという点で試行錯誤をしましたが、先生方や先輩方から協力していただき、良い発表になったと思います。私は大学院に進学するので、今回の貴重な経験を活かして今後の研究に取り組んでいきたいと考えています。

また、大学生活はサークル、アルバイト、留学など様々なことに挑戦するチャンスがあります。私はテニスサークルに入り、仲間と楽しくテニスをしています。テニスだけではなく週末や長期休暇には旅行や合宿に行き、様々な経験をすることができました。一日の終わりはサークルの仲間たちと食事をしたりお酒を飲んだりして毎日が楽しいです。

大学生活は勉強だけではなく自分のやりたいことを見つけてそれに向かって取り組むのが一番だと思います。大学生活は自由に使える時間が多く、多くの経験が自分を成長させてくれるので自分の夢ややりたいことに進んで挑戦し、残りの学生生活を後悔の無いように楽しんでいきたいです。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-02-03

生レポート!現役学生の声

電気と機械を同時に学ぶ!

九州工業大学工学部

2022-01-07

生レポート!大学教授の声

資源と環境、そして地球規模課題へ

秋田大学国際資源学部

2011-11-28

環境への取り組み

「科学・夢のロードマップ」を実現させよう

新潟大学工学部

2021-12-24

生レポート!大学教授の声

鹿児島大学における電気電子工学プログラム

鹿児島大学工学部

2019-08-22

生レポート!現役学生の声

「化学・物質工学」を学ぶ魅力

長崎大学工学部

2020-01-31

なんでも探検隊

カシューナッツの殻が地球を救う!~環境調和型グリーンプラスチック~

東京農工大学工学部

岡山大学
工学部

  • 機械システム系
  • 環境・社会基盤系
  • 情報・電気・数理データサイエンス系
  • 化学・生命系

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。