トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 主体性を大切に

生レポート!現役学生の声

主体性を大切に

2019年2月8日
広島大学 工学部
K.K.

私は広島大学工学部に在籍する4年生です。私が通う広島大学では1万人以上の学生が学生生活を送っています。高校までの学生生活に比べて周囲の学生数が非常に多く、また海外からの留学生も多く在籍しており、様々な価値観を持った人と交流する機会があります。

私の在籍する工学部第二類(電気電子・システム情報系)では、電磁気学や半導体、プログラミングなど電気・電子系統について幅広く学ぶことができます。しかし、入学当初の私は第二類に対して漠然としたイメージしか持っておらず、高校までに学んだ知識で講義や実験についていけるのか不安に思っていました。

工学部における実験は、講義で習った知識を実際に機器を用いて理解を深めるために必要不可欠な活動であり、学生が自ら電気回路などの実験環境を作成して計測からレポート作成まで自力で行わなければならず、高校までにやってきた受験勉強とは違い、部活動のようなチームワークを求められる活動です。

チームでの活動に対して、率先してみんなを引っ張っていくのが得意な人もいれば、リーダーは他の人に任せて受け身になりがちな人もいると思います。しかし、リーダシップを発揮することだけが大事というわけではなく、最も大切なのはチームの目標に向けて最大限貢献できることであると実験の経験を通して感じました。実験においてはみんなに指示を出すリーダーもいれば、機器を操作する役や計測する役、記録をする役もあります。大切なのはチームの中で自分に求められる役割を理解して主体的に行動することだと思いました。

大学生活では学部での活動以外にもサークルやアルバイト、人付き合いなどに高校までの生活よりも自由が利く分自分で主体的に行動する必要があります。その中で悩みや迷いが生まれてしまったときは、周りの環境や人々に積極的に頼ることが一番だと思います。ぜひ様々な人と出会い自分の大学生活を楽しみましょう。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-08-25

生レポート!現役学生の声

作る楽しみは動く実感

岡山大学工学部

2015-11-26

生レポート!現役学生の声

海外で学ぶということ

室蘭工業大学工学部

2017-04-28

生レポート!現役学生の声

何かに本気で打ち込むことの大切さ

宇都宮大学工学部

2010-02-08

生レポート!大学教授の声

未来へ:工学部の森

横浜国立大学理工学部

2010-08-25

生レポート!卒業生の声

アンテナ磨いてますか?

岐阜大学工学部

2017-04-14

生レポート!卒業生の声

大学生活で学んだこと

長岡技術科学大学工学部

広島大学
工学部

  • 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) 
  • 第二類(電気電子・システム情報系) 
  • 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 
  • 第四類(建設・環境系) 

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。