トップページ > 生レポート!卒業生の声 > 海外でのものづくりを体験して

生レポート!卒業生の声

海外でのものづくりを体験して

2018年12月14日
長岡技術科学大学 機械創造工学専攻 卒業
株式会社アドバンテスト 勤務 N.I.

ちょっとチャレンジだったけど飛び込んでみた!

母校の長岡技術科学大学には、大学院へ進学する学部4年生が国内外の企業等の現場で実務を約6ヶ月間経験するカリキュラム(実務訓練)があります。学生の約8割は国内企業で実務を経験しますが、私は英語や海外での生活などの心配があったものの、未踏領域へ挑戦してみたいという気持ちから、あえて海外での実務を希望しました。

海外でのものづくりを体験できた!

実務先は、現在、私が在職している半導体試験装置メーカー(株)アドバンテストのマレーシア工場にお世話になりました。 当時を振り返ると、日本とマレーシアで言語や文化、環境などの違いを肌で感じました。現地従業員とのコミュニケーションの中で、英会話がうまくできず言葉につまりお互いにズレが生じ、写真・物を見ながら説明することがあり、伝えることの難しさを感じました。また製品の検査・組立・設計を体験して、海外で造りやすい設計が大事であることを学びました。

今の仕事で活かされていること

現在は半導体のバーンイン・テストに使用されるバーンイン・ボードの機械設計を担当しています。製品の仕様を決める上で海外のお客様や海外関係会社とやり取りすることが多く、英語や文化を意識したコミュニケーションにおいて海外での経験が役立っています。また海外でのものづくりや良い製品作りの意識を持ち、造りやすい設計、わかりやすい図面作成を心がけています。

グローバルに活躍できるように・・・

グローバル化が進む中でぜひ海外経験のチャンスを見つけて率先して飛び込んでみましょう!
現場に行って、自分の五感で感じ取ることが大切です。自分の知らない世界がまだまだあります。
様々な経験を積んで、皆さんがグローバルに活躍できることを願っています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2017-03-17

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

「震災のなぜ?から歩む工学への道」

島根大学総合理工学部

2019-01-25

生レポート!卒業生の声

入社して、はや半年。社会人になって思うこと

三重大学工学部

2017-03-10

生レポート!大学教授の声

安全・安心な地域社会を育む礎に

秋田大学理工学部

2010-06-02

生レポート!大学教授の声

社会への影響力を知る、誇り高き技術者・研究者に

室蘭工業大学工学部

2009-11-26

環境への取り組み

白神山地およびその周辺の森林生態系における炭素収支モニタリング

弘前大学理工学部

2016-03-01

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

大小のボールを重ねて落として、ボールの跳ね方を見てみよう

横浜国立大学理工学部

長岡技術科学大学
工学部

  • 機械創造工学 課程
  • 電気電子情報工学 課程
  • 物質材料工学 課程
  • 環境社会基盤工学 課程
  • 生物機能工学 課程
  • 情報・経営システム工学 課程

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。