トップページ > なんでも探検隊 > 目に見えない電波を測定する部屋

なんでも探検隊

目に見えない電波を測定する部屋

2020年11月20日
九州工業大学 工学部

 私たちの身の回りにはたくさんの電波を利用した機器があります。例えばスマートフォンを使って様々な情報や音声、動画にアクセスする際には、基地局やアクセスポイントとの間を電波を使って通信しています。食べ物を温める際に使う電子レンジも電波(マイクロ波)を使っています。このような電波を使った機器が複数あると、お互いに干渉する可能性があります。電子レンジを使っている時にBluetoothのスピーカの音が途切れたり、Wi-Fi通信の速度が遅くなった経験はありませんか?

 機器が正しく動作し通信を行うためには、機器に実装された通信用のアンテナが正しく電波を放射しているかどうか、不要な電波が出ていないかなどを正確に測定する必要が有ります。しかし、我々の周りにはたくさんの電波が飛び交っているために、測定対象の機器からの電波なのか、外来電波なのかの区別ができません。

①金属で周囲を覆うことで外来の電磁波を遮蔽①金属で周囲を覆うことで外来の電磁波を遮蔽

 そこで、外来の電波を遮断し、測りたい電波のみを測定する装置が必要です。写真の電波無響室は、

  1. 金属で周囲を覆うことで外来の電磁波を遮蔽
  2. 内部を電波吸収体で覆うことにより部屋内部の電波の反射を抑制
する機能を持った電波を測定する部屋です。金属は電波を遮断することができ、金属板で6面を覆うことにより箱の内部へは電波は到達しません。一方、箱の内部で発生した電波は金属面にあたると反射します。そこで、写真のように青い四角錐状の電波吸収体を配置し、壁からの反射波をなくし直接到来する電波のみを測定することができます。部屋の5面を電波吸収体で覆ったものを電波半無響室と呼び、大地からの反射波だけを考慮した地球上の広い平原を模擬できます。床面にも電波吸収体を配置することで6面電波暗室となり、大地からの反射さえない宇宙空間を電磁的に模擬することができます。

②内部を電波吸収体で覆うことにより部屋内部の電波の反射を抑制②内部を電波吸収体で覆うことにより部屋内部の電波の反射を抑制

 九州工業大学ではこの電波無響室を用いて、小型衛星に搭載されるアンテナモジュールの通信特性の評価や情報機器や電力機器から漏れ出る不要電波の測定や予測を行っています。最近では、自動車内の電波環境を評価するためのCISPR 25と呼ばれる測定環境を構築しました。自動運転技術を支える通信技術に対して、電波測定の観点から安定した正確な通信のための研究を行っています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2020-03-06

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

1cmの精度の自作スマホナビを作ってみよう

東京海洋大学海洋工学部

2013-03-26

生レポート!卒業生の声

些細なことに疑問を抱き、それらをひとつずつ解決していく

愛媛大学工学部

2020-09-04

Pict-Labo

機能性流体が様々な未来の可能性を拓く

福島大学共生システム理工学類

2019-02-01

工学ホットニュース

人体における高速無線通信・無線制御技術

名古屋工業大学工学部

2010-02-08

生レポート!大学教授の声

未来へ:工学部の森

横浜国立大学理工学部

2018-03-15

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

「今やりたいこと」に正直に

横浜国立大学理工学部

九州工業大学
工学部

  • 建設社会工学科 - 建築学コース
  • 建設社会工学科 - 国土デザインコース
  • 機械知能工学科 - 知能制御工学コース
  • 機械知能工学科 - 機械工学コース
  • 宇宙システム工学科 - 機械宇宙システム工学コース
  • 宇宙システム工学科 - 電気宇宙システム工学コース
  • 電気電子工学科 - 電気エネルギー工学コース
  • 電気電子工学科 - 電子システム工学コース
  • 応用化学科 - 応用化学コース
  • マテリアル工学科 - マテリアル工学コース

学校記事一覧

なんでも探検隊
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。