トップページ > 生レポート!大学教授の声 > 未来を向く研究、今を生きる研究、過去を知る研究、時空を超えるVR

生レポート!大学教授の声

未来を向く研究、今を生きる研究、過去を知る研究、
時空を超えるVR

2020年11月27日
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
北崎 充晃

 みなさんは、大学教授や学生は何のために研究をしていると思いますか?

 工学部を目指す方は、未来を作るために研究をしていると思っている人が多いと思います。そんなの当たり前ですよね。でも、私が工学部に赴任した最初の数年はそのことに何度も気づかされ、驚きました。なぜなら、私は文学部の心理学科出身だからです。

 科学と工学の違い、あるいは理学部と工学部の違いについてはなんとなく知っていました。科学・理学は自然の真理を明らかにすることを目的とし、工学は人の役に立つものを作ることを目指す。実際に、「豊橋技術科学大学」という名前の本学では多くが、人の役に立つ、社会を良くするための研究をしています。最近では理工学部という学部名も増えて、科学と工学の境界は曖昧です。本学の技術科学は、技術のための科学という意味ですし、社会の役に立つものを作るために世界初の真理を明らかにするというのも研究者が目指す研究スタイルの1つです。逆にみなさんは、役に立たない研究なんて意味があるのかと思うかもしれません。真実を明らかにすることは純粋に楽しいですし、知識の創造は人類の進歩の1つです。例えば心理学では、人の心とは何かを追求します。

 最近、もう1つ学問領域の方向性の違いに気づきました。それは、工学部の多くでは未来を作るために研究をしているということです。人文社会科学の多くでは歴史を調べ、過去を明らかにし、過去や現在を批判するという方法をとります。ただしそれは過去を向いているだけではなく、過去と照らして現在や未来を良くするためにその知識を利用し、そういう批判的態度を身につけた人を育成します。心理学では、過去でなく、今現在の心理の解明を目指します。

 しかし、心理学でも直接未来を向いた研究ができるのではないかと思っています。写真は、2人が1つのアバターをバーチャルリアリティ(VR)空間で操作している様子を示しています。私の研究室では、2人で1つの身体を利用する共有身体、1人で2つ以上の身体を利用する分身、自分の身体を透明にしてしまう不可視化、腕を長くする四肢伸張など、VRやロボットを使って未来社会で普及するであろう新しい身体を利用するときの心理や行動を調べています。つまり、未来人がどういう心を持っているかを明らかにすることを目指しています。それが分かれば、より良い未来社会を作れると思います。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-02-02

生レポート!大学教授の声

ものづくりで未来を切り開く研究者・技術者に!

大分大学理工学部

2020-08-21

なんでも探検隊

AI研究を通して誰もが快適に利用できる図書館を目指して

電気通信大学情報理工学域

2019-02-01

工学ホットニュース

人体における高速無線通信・無線制御技術

名古屋工業大学工学部

2019-12-20

環境への取り組み

海洋ロボット(ROV)を使って磯焼け防止の実現

東京海洋大学海洋工学部

2010-02-02

生レポート!現役学生の声

想像する未来・創造する未来

和歌山大学システム工学部

2012-10-18

生レポート!現役学生の声

難しいことをおもしろく

富山大学工学部

豊橋技術科学大学

  • 機械工学
  • 電気・電子情報工学
  • 情報・知能工学
  • 応用化学・生命工学
  • 建築・都市システム学

学校記事一覧

生レポート!大学教授の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。