トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 最先端のナノ材料研究で未来の光技術に貢献

生レポート!現役学生の声

最先端のナノ材料研究で未来の光技術に貢献

2022年11月10日
和歌山大学 光技術材料研究室
N.O.

 私たちの大学では、学部2年生に進学する際に主たる専攻(第一メジャー)を選択するのですが、私はナノ材料などの先端的な材料研究に興味があり、材料工学メジャーを志望しました。学部3年時に光技術材料研究室に配属され、半導体ナノ材料の作製やその光学応用に関する研究を行っています。具体的には、ナノサイズの半導体材料による高性能レーザを開発し、医療イメージングへ応用することを目指しています。結晶成長用の大型装置や光学特性評価装置などを使って材料作製を行い、さらに半導体微細加工技術によってデバイス作製とその評価まで、材料からその応用までを一貫して自分の手で行うことができるので、ものづくりがやりたかった自分としてはとてもやりがいを感じながら研究に励んでいます。

 現在は大学院に進学し、実験だけでなく、大学院ゼミや、各種学会で自分の研究内容を発表する機会もあります。学会での発表は、発表スキルだけでなく、異なる視点を持った様々な人たちとの議論を通して考察を深めることもでき、自身の成長を実感しています。最先端の材料研究に少しでも触れることができた経験が、今後のキャリア形成にも大いに役立つと思っています。これから工学系の大学を目指す高校生の方には、大学で興味ある専門分野に出会えば、大学院進学も検討されることをぜひお勧めします。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2020-04-03

なんでも探検隊

コンピュータの目で細胞の品質を評価する

愛媛大学工学部

2022-02-18

なんでも探検隊

ミストで作るナノ空間材料

広島大学工学部

2013-03-19

なんでも探検隊

21世紀型林産工業の創生~木質ナノカーボン~

和歌山大学システム工学部

2015-12-21

生レポート!卒業生の声

大学で得る自信

山形大学工学部

2018-02-20

Pict-Labo

顕微鏡でナノの世界を観察する

山梨大学工学部

2022-09-30

なんでも探検隊

ナノサイズ化した金属を用いた電気化学 -最強の酸化還元能力を求めて-

愛媛大学工学部

和歌山大学
システム工学部

  • 機械電子制御メジャー
  • 電気電子工学メジャー
  • 材料工学メジャー
  • 化学メジャー
  • 知能情報学メジャー
  • ネットワーク情報学メジャー
  • 環境科学メジャー
  • 環境デザインメジャー
  • メディアデザインメジャー
  • 社会情報学メジャー

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。