トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 留学のハードルについて

生レポート!現役学生の声

留学のハードルについて

2020年10月30日
豊橋技術科学大学
K.I.

 留学について自身の経験をシェアしたいと思います。ただここでは、留学中の楽しい思い出や多様性といった国際的な価値観のすばらしさについてではなく、留学への不安をどのように克服するのか、ということです。

 留学を考える時、英語でコミュニケーションが十分にとれるのか (しかも研究し授業を受ける)、海外の文化・人々になじめるのかなど、様々な不安があると思います。そういった不安は留学を決心する妨げになります。では、どのようにして不安を解消できるのか? 結論から述べると、私の場合は失敗しながら徐々にステップアップして慣れていく、ということでした。

 私は高等専門学校出身で、特に英語が得意だったというわけではなく、海外に行ってみたいという願望はあっても実際に留学できるとは考えていませんでした。進学した豊橋技術科学大学では、1週間の海外研修、また海外企業や研究機関への約45日間のインターンシップなど、様々な渡航プログラムが用意されており、私は1週間程度ならばできるかもしれない、と機会があるたびに参加していきました。初めの頃は自分の言いたいことが伝わらない・相手が何を言っているかわからないなど多くの失敗がありました。しかし、豊橋技術科学大学に来ている留学生と積極的にコミュニケーションをとるなど、身近なことから始め、徐々に1週間の留学なら苦ではなくなってきました。そして45日間でも大丈夫かも?というように自分の中のハードルが下がっていき、そのたびに語学力が改善していきました。

 このように簡単なところから成功体験みたいなものを積み重ねていくと、成長を感じることができ、次に挑戦しようと前向きになれるはずです。逆に考えて、いきなり留学に挑戦し、パスポートも持っていない状態からビザも申請して、語学の不安がある中で初めての海外だなんて、そんな問題山積みな状態だったら挫折していたと思います。でも問題も一つずつなら何とか対処できるでしょう。

 長くなりましたが、つまりは普段から失敗を重ねて少しずつでも成長しましょう!ということです。私が留学とその過程で得たものは語学力の向上だけではなく、そういったところでした。

 英語には苦手意識があるけれども留学には興味がある、という人は身近なところから少しずつ挑戦してみてはいかがでしょうか。漠然とした不安も、成長とともに解消していくと思います。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2020-04-24

生レポート!現役学生の声

大学生活をどう過ごすか

三重大学工学部

2020-07-10

環境への取り組み

環境から見た研究の取り組み紹介

神戸大学海洋政策科学部

2017-08-10

生レポート!現役学生の声

「どこでもドア」を開ける

群馬大学理工学部

2020-07-31

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

留学から学んだこと

香川大学創造工学部

2020-10-30

なんでも探検隊

バーチャルリアリティを活用した新たな学習者体験の探求

香川大学創造工学部

2020-09-18

工学ホットニュース

顧客体験を豊かにするUX時代の「データ・サイエンス」

電気通信大学情報理工学域

豊橋技術科学大学

  • 機械工学
  • 電気・電子情報工学
  • 情報・知能工学
  • 応用化学・生命工学
  • 建築・都市システム学

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。