トップページ > 生レポート!卒業生の声 > エンジニアに必要な体系的な知識

生レポート!卒業生の声

 

エンジニアに必要な体系的な知識

 
2010年8月27日
九州工業大学 情報工学部 卒業
IT企業 勤務
T. A.

エンジニアに必要な体系的な知識

私は現在、IT企業に勤めており、ソフトウェアエンジニアとしてソフトウェア製品の開発に携わっています。最近は、海外のエンジニアと仕事をすることも多々あり、専門的な知識だけでなく、英語でも苦労している毎日です。

私が九州工業大学情報工学部に進学するきっかけはロボカップ(http://www.robocup.or.jp/)でした。高校生のときにロボカップを観戦し、ロボットが動き回るのをみて、ロボットは何を考えて動いているのだろうか、考えるってどういうことなのだろうかとロボットの脳に興味を持ちました。そのときから人工知能に関して学びたいと思うようになり、情報工学部に入学しました。

入学後は講義や実習を通して、人工知能を含めた情報工学の理論と技術を体系的に学びました。入学当初は難しい式や専門用語ばかりの講義がよく理解できず、あまり勉強に身が入らない時期もありました。しかし、複数の講義の内容が関係してくるようになると、パズルのピースが一つ一つ埋まっていくように、勉強がどんどん面白くなっていきました。今になって思うと、専門知識を体系的に学べる大学のカリキュラムのおかげで、勉強が面白くなっていったのだと思います。

働き始めた今、体系的に学んだ知識がとても役に立っていると感じています。仕事では大学で学ばなかった知識が必要になることがよくありますが、何か新しい技術を習得しようとしたときに、体系的な知識があると、習得のために足りない知識が何なのかがわかりますし、その技術がどれだけ難しいことなのかということも感覚的にわかってきます。そういうことがわかっているかどうかで習得のスピードが変わってきます。体系的な知識はエンジニアの基礎的な力の一つだと思います。
現在はインターネットなどで断片的な知識を容易に身につけることができますが、もし、情報工学に興味があり、将来エンジニアとして活躍したいと思うのでしたら、情報工学部に進学し体系的に学ぶことをお勧めします。楽しく学べるというだけでなく、エンジニアとしての、成長するのに必要な体系的な知識を身につけることができます。

九州工業大学 情報工学部 卒業 IT企業 勤務 T. A.

今やコンピュータは私たちの生活を支えるインフラとなっており、情報工学は現代の社会を支える重要な学問です。幅広い分野でコンピュータの専門知識のある人が必要とされています。もし情報工学に興味があり、将来、社会に大きな影響を与えるようなエンジニアになりたいと思うのでしたら、是非、情報工学部に進学して、多くのことを学んでください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-06-10

生レポート!現役学生の声

大学生活向上計画進行中

電気通信大学情報理工学域

2018-02-08

生レポート!大学教授の声

工学の無限の可能性42.195kmを2時間で駆け抜ける走行ロボットに挑戦!

名古屋工業大学工学部

2011-01-26

生レポート!現役学生の声

繊維と工学

信州大学繊維学部

2013-10-25

生レポート!卒業生の声

「好き」を楽しみ、技術に

信州大学繊維学部

2018-10-26

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

コンピュータの中に小さな人工頭脳を作ろう!

佐賀大学理工学部

2016-02-04

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.25】自分の興味と向き合う

三重大学工学部

九州工業大学
情報工学部

  • 知能情報工学科
  • 電子情報工学科
  • システム創成情報工学科
  • 機械情報工学科
  • 生命情報工学科

学校記事一覧

生レポート!卒業生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。