トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 大学に入ってみないと分からない

生レポート!現役学生の声

大学に入ってみないと分からない

2021年12月10日
横浜国立大学 理工学部
C.I.

 私は横浜国立大学理工学部化学生命系学科を卒業し、現在横浜国立大学大学院環境情報学府人工環境専攻の修士1年です。研究室ではトンネル火災における煙の流動性状について研究しています。研究のための実験としてはトンネル模型内で火をつけて煙を発生させ、煙の温度や速度がトンネル天井から床に沿ってどのように変化するかを計測しています。実験を行うときは連日朝から夕方まで行うこともあり、大変と感じるときもありますが楽しんで研究室生活を送っています。

 今所属している研究室は安全工学という分野に属しており、大学3年生で研究室を決めるときには安全についての研究室を希望したので希望通りとなりましたが大学に入学した際は全く別の分野に興味を持っていました。元々興味のあった研究は実施している大学が少なく、この研究があるという理由でこの大学を選びましたが入学後に希望を変えました。入学後1年生は学科内で同じ講義を受け、2年生から希望のコースに分かれるという流れですが、1年生の講義はコースに関係なく学科内の様々な分野の基礎となる内容を学びます。様々な分野の講義を受ける中で安全という学問分野があることを知り、より社会に役立てるのではないかと考え安全工学に興味を持ちました。入学後に知ったことですが、横浜国立大学は日本で初めて安全工学科が設置された大学で現在の安全工学の研究室はその流れを汲んでいます。そのため様々な分野の「安全」を扱う研究室がありますが、模型を用いた実験を行えるので研究に実感を持ちやすそうと思い現在の研究室を選びました。

 当初の希望から異なる進路になりましたが、視野を広げて自分で考えることで自分が他に興味を持つ分野を見つけることができてよかったと思います。大学について様々な面から調べることもあるかと思いますが、入ってみてわかることも多いはずです。大学選びや大学入学後において元々の希望以外も見ることで、今まで知らなかったことや実は自分が面白いと思えるものを発見できるかと思います。ぜひ積極的に視野を広げてみてください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2014-03-25

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

ニワトリの胚を観察しよう

岩手大学理工学部

2010-03-10

生レポート!現役学生の声

生命化学と未来

秋田大学理工学部

2022-10-28

なんでも探検隊

脳と血液のインターフェイスは生命維持に必要である

京都工芸繊維大学工芸科学部

2023-12-15

Pict-Labo

微生物の会話を見る

九州工業大学情報工学部

2022-12-23

生レポート!卒業生の声

壁にぶつかったときに一人で悩まず、周りからヒントを得ることが大切

福井大学工学部

2013-10-25

生レポート!卒業生の声

「好き」を楽しみ、技術に

信州大学繊維学部

横浜国立大学
理工学部

  • 機械・材料・海洋系学科
  • 化学・生命系学科
  • 数物・電子情報系学科

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。