トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > 自然界が魅せる形の神秘!迷路状パターンを作ってみよう

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

自然界が魅せる形の神秘!迷路状パターンを作ってみよう

2018年1月19日
大分大学 理工学部 共創理工学科 自然科学コース

自然界には雪の結晶や植物の形、地形など美しい「形」が存在しています。この実験では水とコーンスターチを混ぜた混合液を完成させて自然が創る迷路を作ってみましょう。

用意するもの

  • コーンスターチ(スーパーなどで入手可能)
  • ガラスプレート2枚(理科の実験などのスライドガラスでも可)
  • ビーカー

実験手順

  1. 水をビーカーに適量いれます。

  2. コーンスターチを大さじ一杯程度加えてかき混ぜて、混合液をつくります。

  3. 水平に設置した一枚のガラスプレート上に混合液を少量たらします。

  4. もう一枚のガラスプレートで混合液をサンドイッチします。

  5. 数時間程度自然乾燥させた後、迷路状のパターンが現れてきます。
    2時間経過後のパターン

拡大図

原理

二枚のプレートの間から水の蒸発が起こり、その乾燥過程で混合液の界面が内部へと移動していきます。この界面の移動とともに、コーンスターチが界面に凝集させれ、コーンスターチが集まった部分が迷路状のパターンになります。なぜこのようなパターンが自然に現れてくるのか、混合液の濃度やプレートの種類を変えたりして色々パターンを観察してはいかがでしょうか?

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2016-12-27

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

生命の巧みを工学に活かす生命工学

富山大学工学部

2017-04-21

Pict-Labo

マイクロスフィア・スクリーニング

鹿児島大学工学部

2017-03-24

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

揚力実験装置の作りかた

九州工業大学工学部

2018-08-24

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

磁石を使って一番かんたんなモーターを作ってみよう!

長岡技術科学大学工学部

2011-02-18

環境への取り組み

地域と大学が一体となった低炭素街づくり

群馬大学理工学部

2017-12-01

生レポート!現役学生の声

成長

長崎大学工学部

大分大学
理工学部

  • 創生工学科 機械コース
  • 創生工学科 電気電子コース
  • 創生工学科 福祉メカトロニクスコース
  • 創生工学科 建築学コース
  • 共創理工学科 数理科学コース
  • 共創理工学科 知能情報システムコース
  • 共創理工学科 自然科学コース
  • 共創理工学科 応用化学コース

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。