トップページ > おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界) > 鼻の皮膚温度を計測して、身体の中の交感神経活動を可視化してみよう

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

鼻の皮膚温度を計測して
身体の中の交感神経活動を可視化してみよう

2020年2月7日
香川大学 創造工学部

準備

用意するもの

  • パソコン(Arduinoがあらかじめインストールされたもの) 1台
  • ブレッドボード 1個
  • Arduino MEGA 2560 1個
  • アダプタ 1個
  • USB2.0ケーブル 1個
  • 温度センサー LM36DZ 1個
  • ジャンプワイヤ 6本
  • ワニ口クリップ 3本

以下の図のように配線します。

Arduino のスケッチ・エディタを用いて
Arduinoで温度センサーを制御する以下のプログラムを書きます。

	

int sensorPin = A0;
int sensorValue = 0;

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  Serial.begin(9600);
}
void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  sensorValue = analogRead(sensorPin);
  double temp = modTemp(sensorValue);
  
  Serial.println(temp);
  //Serial.write(sensorValue);
  delay(2000);
}

float modTemp(int analog_val) {
  double temperature = ((5.0 * analog_val) / 1024) * 100;
  return temperature;
}

以下の図はプログラムを書きこんだときのスケッチ・エディタの画面です。

実験

以下の実験スケジュールに沿って実験をします。

  1. 図のように鼻先に温度センサを貼り付けます。

  2. 以下の図のようにツールから「シリアルモニタ」を起動します。

  3. Arduinoのスケッチ・エディタ画面から準備1.3で用意したプログラムを実行します。
    図は実験の様子です。

    図のようにシリアルモニタに鼻の皮膚温度が次々と表示されていきます。

  4. 心を落ち着かせて安静にします。

  5. 頭の中で暗算をします(暗算課題)。

  6. 再び心を落ち着かせて安静にします。

シリアルモニタに表示された数値をコピーします。
そして、それをExcelに貼り付けて図を作ります。以下の図は実験結果の一例です。

まとめ

 実験結果の図をみると、暗算課題のところで指先の皮膚温度が下降しているのがわかります。また、暗算課題が終わると実験前の皮膚温度に戻っています。この現象は、交感神経活動を反映するといわれている指先の皮下に存在する動静脈吻合血管が関係しています。この血管は交感神経活動が活発になると収縮します。そして、血管が収縮することによって皮膚表面の温度が下がります。この現象を温度センサが捉えているのです。暗算のような集中力を要する課題は交感神経活動を活発にするので、鼻の皮膚温度が下がったのです。普段は目にみえない身体の中の神経活動を可視化する方法は、他にもいろいろあります。ぜひ自分で調べて試してみてください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2020-04-10

生レポート!現役学生の声

研究で身に着けられるスキル

和歌山大学システム工学部

2017-11-10

生レポート!卒業生の声

感動体験は人生の道しるべ

神戸大学工学部

2018-08-17

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

本当にやりたいことを探そう

山梨大学工学部

2017-02-03

Pict-Labo

写真や絵画の中の水を動かす技術

静岡大学工学部

2018-08-17

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)

超音波速度センサを作ろう

熊本大学工学部

2013-12-02

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.8】きっかけはなんでも良し!まずは自分が楽しむことから!

愛媛大学工学部

香川大学
創造工学部

  • 造形・メディアデザインコース
  • 建築・都市環境コース
  • 防災・危機管理コース
  • 情報システム・セキュリティコース
  • 情報通信コース
  • 機械システムコース
  • 先端マテリアル科学コース

学校記事一覧

おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。