トップページ > イベント・実験体験会 > 最先端技術でものを観る

イベント・実験体験会

最先端技術でものを観る

開催日 2019年12月13日(金)
13:00~16:00(12:30 受付開始)
場所 京都アカデミアフォーラム in 丸の内
対象 一般市民、企業の技術者・研究者、大学生
定員 100名
参加費 無料
申込締切 12月9日(月)
最先端技術でものを観る

京都工芸繊維大学では、「最先端技術でものを観る」を主テーマに下記の講演内容の市民講座・先端技術講座を開催します。
一般市民、企業の技術者・研究者、大学生の皆さまのご参加をお待ちしております。

材料科学の最前線ー流れる金属ー

金属は固体である。そのため、加工しづらい。この講演では、簡単な操作で液体のように流動する金属材料と、それを用いて高分子や繊維などの有機材料に金属を組み込んだ実例などを紹介します。

ミストを用いた材料形成技術

どこにでもあるミスト(霧)を半導体製造に利用します!このミストを用いた材料形成技術の半導体製造からナノテクノロジーへの展開について紹介します。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

京都工芸繊維大学
工芸科学部

  • 応用生物学課程
  • 応用化学課程
  • 電子システム工学課程
  • 情報工学課程
  • 機械工学課程
  • デザイン・建築学課程

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。