トップページ > イベント・実験体験会 > 化学と物理の総合的理解で挑む エネルギー・環境問題と新素材・デバイス開発

イベント・実験体験会

化学と物理の総合的理解で挑む
エネルギー・環境問題と新素材・デバイス開発

開催日 2019年6月8日(土曜日)14:30~17:30
場所 東京農工大学工学部(小金井キャンパス)
13号館 3階 L1321 教室
対象 ・大学受験を考えている高校生のみなさん(学年は問いません)
・大学編入を考えている高専生のみなさん(学年は問いません)
・化学物理工学科に興味をお持ちの高校の先生方
申込締切 2019年5月30日(木)
化学と物理の総合的理解で挑む エネルギー・環境問題と新素材・デバイス開発

研究室の中から 1 研究室を希望し、そこで教員や大学院生の指導のもと研究や実験を体験できます

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

東京農工大学
工学部

  • 生命工学科
  • 生体医用システム工学科
  • 応用化学科
  • 化学物理工学科
  • 機械システム工学科
  • 知能情報システム工学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。