トップページ > イベント・実験体験会 > 2017年 春のIGS高大連携教室

イベント・実験体験会

2017年 春のIGS高大連携教室

開催日 平成29年3月27日(月)~29日(水)
二泊三日の合宿形式
場所 東京農工大学 府中・小金井キャンパス
対象 高校2年生(新高3生)
定員 30名
(応募多数の場合は選考いたします)
参加費 12,000円
(宿泊費・教材費・保険代・貸切バス代・滞在期間中の夕食、朝食代を含みます)
申込締切 平成29年2月14日(火) 必着
2017年 春のIGS高大連携教室

東京農工大学では、地球の様々な課題に挑戦する科学者を目指す高校生のための、実験・実習・グループワーク体験プログラムを実施しております。

「科学の力で地球をまわそう」プロジェクトとして、地球が直面する課題を解決する方法を、科学者を目指す参加高校生と考えていきます。課題に対するグループ討論、ScienceEnglish、農学系実験、工学系実験、農工大生・留学生との交流、課題解決のためのグループによる協働作業、プレゼンテーションなど、多彩なプログラムに取り組んでいただきます。

こんな高校生の参加を待っています!

  • 科学に関する興味と関心がある
  • 最先端の研究を担う、研究者・技術者になりたい
  • 地球の課題を論理的に考え、解決したい
  • 社会で必要とされる知識や教養を身につけたい
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

東京農工大学
工学部

  • 生命工学科
  • 生体医用システム工学科
  • 応用化学科
  • 化学物理工学科
  • 機械システム工学科
  • 知能情報システム工学科

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。