トップページ > 授業紹介 > 自然災害の科学と災害対策の基礎を学ぶ「防災工学」

授業紹介

自然災害の科学と災害対策の基礎を学ぶ「防災工学」

写真1:講義の様子

写真2:リスク評価についてのアンケート

「防災工学」は、愛媛大学工学部環境建設工学科3年後期(第三クオーター)に設定されている専門教育科目です。

 わが国は、地震、火山活動が活発な環太平洋変動帯に位置し、地震の発生回数や活火山の分布数の割合がきわめて高い環境にあります。また、地理的、地形的、気象的諸条件から、台風、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害などの自然災害が発生しやすい国土となっています。このような自然災害により、毎年多くの人命や財産が失われています。この授業では、このような自然災害の科学と災害対策の基礎を学ぶことが目的です。また、国や地方自治体における防災政策や防災行政を知り、公共土木事業における防災事業の位置づけや事業実施の実際の知識を得ます。加えて、ボランティア元年と言われた阪神淡路大震災の年以降ますます重要となってきている防災ボランティアの活動の意義と役割(災害の事前・事後)について学びます。このようにして、自然災害の素因となる自然環境を理解し、防災に対処できる総合的エンジニアリング能力を培うことを最終的な目的としています。

 愛媛大学工学部には災害対策に携わる教員が多数在籍しており、オムニバス形式で、複数の教員がそれぞれの得意分野について様々な観点から講義を行うというのが本授業の大きな特徴です。特に四国地域は南海トラフ巨大地震が発生すれば、多種多様にわたった大きな被害が生じると予測されています。それらについて、多くの教員による様々な観点から俯瞰的に見つつ、各教員の専門性により詳細な個別災害の問題点についても理解できる、非常に特色のあるものとなっています。

 講義の様子を写真1、2に示しますが、色々と双方向で講義しながら、学生の集中力を高めるような工夫もなされています。

 例年、この講義を受講した学生は様々な防災活動を自主的に行うようになります。例えば東日本大震災や熊本地震などの災害にボランティアとして復興に向けた活動を行ったり、地域防災に強く貢献できるように防災士の資格を獲得したり(愛媛県松山市は、防災士養成数が自治体において最大です!)、防災意識が大きく高まる様子が見られます。また、県や市町村などの自治体に就職した学生は、積極的に防災担当として貢献できるようになります。

 このように愛媛大学工学部環境建設工学科では、防災意識が高く、かつ能力も備えた学生を育て、地域防災などに貢献できるような学生を育てることを目指しています。

愛媛大学 工学部
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。