トップページ > 授業紹介 > ペーパー&バルサ複合ブリッジの耐荷重コンペ[創造基礎]

授業紹介

ペーパー&バルサ複合ブリッジの耐荷重コンペ[創造基礎]

耐荷重試験

プレゼンテーション

北見工業大学の「創造基礎」の授業では、機械・社会環境系の一年生約180名が40チームに分かれ、ケント紙とバルサ材で橋状構造物(ブリッジ)を設計・製作し、耐荷重性能の限界に挑戦しています。

この科目は、今日重要視されているエンジニアリングデザイン教育であり、2003年度から機械工学科で実施されてきた内容を2008年度からは社会環境工学科と合同で実施するようにしたものです。原則として両学科の全教員が講義を担当しています。

具体的には、発想法や図形科学に関する基礎を学んだ後、各チームでブレーンストーミングを行い、独自の発想を基に課題達成のためのコンセプトを決定し、それぞれのアイデアを取り入れてブリッジの部材を試作します。また、これらの部材強度を検証するために、簡単な載荷装置で圧縮や曲げ試験が行えるようにしています。

各チームでは、試行錯誤を繰り返しながら第8回目までに試作ブリッジを完成させ、引き続きその耐荷重試験と破壊要因解析が行われます。

第13回目には20チームごとに完成した最終ブリッジの公開コンペと、最終の第15回目にはそれぞれのチームがプレゼンテーションを行うことによって、耐荷重のほか、創造力・発表力・チームワークなどを競います。チームの評価は機械・社会環境系教員の採点によって行われます。受講した学生からは、「ものづくりに対する興味が増した」「自分とは異なるものの見方を知ることができた」などの感想が多く寄せられ、「創造基礎」が創造力・空間把握能力・コミュニケーション力・計画的に共同作業をする能力・さまざまな知識を総合し問題解決に応用する能力などの向上を目指すとともに、ものづくりに対する興味を喚起するものとなっています。

北見工業大学 工学部
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。