トップページ > 学生の一日 > 沸騰研究室の大学院生の一日

学生の一日

沸騰研究室の大学院生の一日

こんにちは!
福井大学大学院工学研究科機械工学専攻に所属しているM2(修士2年)のH.Tです。

研究について

伝熱研究室に所属していて、皆さんも身近に経験したことのある沸騰について研究しています。
日常で見られる沸騰の泡は実は鍋の底にできたキズから出てきます。
…ではもしそのキズが全くなかったらどうなるのでしょうか?
私達の研究室ではそんな状態を研究しています!

私の一日

昨年までは研究室でパソコンをカタカタしていましたが、今年度からはコロナウイルスの影響により自宅で研究をしていることがほとんどです。だから大学で使っているパソコンを家に持って帰っています^^ 大学に通うのは一週間に一回だけ研究室のゼミがある日だけとなっています。
それ以外の夜は家庭教師アルバイトをしていて、受験生と共に毎日頑張っています!

福井大学 大学院工学研究科機械工学専攻 H.T.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。