トップページ > 授業紹介 > 住む・学ぶ・働く空間を木造や鉄筋コンクリート造で設計する
~未来をつくる建築設計教育の実践~

授業紹介

住む・学ぶ・働く空間を木造や鉄筋コンクリート造で設計する
~未来をつくる建築設計教育の実践~

写真1 個別指導の様子写真1 個別指導の様子

写真2 授業内発表会の様子写真2 授業内発表会の様子

写真3 学外発表会の様子写真3 学外発表会の様子

写真4 完成作品例写真4 完成作品例

 茨城大学工学部都市システム工学科建築デザインプログラムの学生は「建築設計製図Ⅰ~Ⅳ」を必修授業として積み上げ、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造で、住む・学ぶ・働くといった様々な建築物の設計を行っていきます。各授業では、設計者の頭の中にある建築や都市に関するオリジナルな構想を図面や模型などで具現化することをトレーニングします。指導にあたるのは社会の第一線で活躍する実務家教員(建築家)と一級建築士資格を有する教員です。個別指導を繰り返す過程で各学生は建築設計に必要な図形・造形の表現、製図の基礎から自由な空間創造までを段階的に習得し、図面に建築物のイメージを正確に反映させていく力を養います。

 1年次では、透視図法など図学を学んだ後、造形演習として、自由な発想で原寸の椅子を制作し、建築設計製図の基礎を築きます。2年前期「建築設計製図Ⅰ」では、設計図をトレースすることで図面の描き方を学んだ後、小規模な戸建住宅を木造で設計し、2年後期「建築設計製図Ⅱ」では、キャンパス内における交流空間と集合住宅の2つの課題を鉄筋コンクリート造で設計します。2年生は日々の暮らしの中で行われる人間の動作を考察しながら人体の寸法に適した戸建/集合住宅を提案します。ここでは人間に適したスケールの空間づくりを体得してもらいます。3年前期「建築設計製図Ⅲ」では、図書館と小学校の2つの設計課題に取り組みます。ここでは学ぶ・働く・集うといった他者と交わる公共空間を設計します。3年後期「建築設計製図Ⅳ」では、通りと建築をテーマとし、建つ場所の特性を反映した都市建築を設計します。3年生は、力の流れを想定しながら架構を検討し、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート建築まで一通りの建築物の設計を修得します。同時に、環境面に配慮した設計を組み込み、意匠・構造・環境設備が統合したバランスの良い設計手法を修得していきます。

 各授業の最終発表会には学外の建築家を招聘し、第三者的な立場から批評してもらうことで学生に客観的に物事を認識してもらう機会を提供しています。さらに年に一回、街中のギャラリーで茨城大学建築都市デザインレビュー展を開催しています。ここでは各学生は自らの建築作品を社会に向けて発信することで専門家や一般市民と討論を重ね、課題や展望を発見します。

 建築設計は未来をつくることです。建築設計教育を通して、観察力、表現力、思考力、問題解決能力といった多岐に渡る能力が培われます。これは、研究活動や進学・就職後にも役立ち、専門性を高めながら幅広い分野で活躍できる優秀な建築設計者の育成につながっています。

茨城大学 工学部
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。