トップページ > 授業紹介 > エレクトロニクスと材料科学の融合 ~電子物質科学科の教育~

授業紹介

エレクトロニクスと材料科学の融合 ~電子物質科学科の教育~

静岡大学工学部電子物質科学科では、電子回路や電子デバイスなどの「エレクトロニクス」に関する学問と、有機化学や無機化学などの「材料科学」の学問を学ぶことで、電子物理と材料科学の両分野を一望できる人材の育成を目指しています。本学科では、2年次から電子物理デバイスコースと材料エネルギー化学コースのいずれかを選択します。電子物理デバイスコースでは電子回路や画像デバイス等のエレクトロニクスに関するより専門的な科目を受講します。一方、材料エネルギー化学コースでは有機化学、無機材料、エネルギー化学など、材料化学やエネルギー化学に関する専門的な科目を受講します。特徴的な点は、各コースに分かれた後も学科共通科目が多く、両分野の知識を継続的に蓄えていくことです。両分野の根幹となる、基礎電磁気学、基礎電気回路、材料分析、エネルギー電気化学、基礎有機高分子材料などの講義は、学科共通科として両コースで学ばれます。また、講義だけでなく、2年次の学生実験も電子系実験と化学系実験の両方を体験するようカリキュラムが組まれています。電子系実験の例をご紹介しましょう。目的はトランジスタ特性測定用電子回路を作製し、トランジスタ、FET等の動作を実感することです。このために必要な、電源回路の作製から始まり、パルス発生回路、オペアンプ回路等も自分で作製します。最後に、npnトランジスタ及びnチャネルFETの入出力特性をオシロスコープにより観察して、トランジスタ・FETの動作の理解を深めます。一方、化学系実験では、燃料電池の作製や光吸収測定等を体験します。ここで、両方の分野の学習をすることは2倍の時間がかかるのではないか、あるいは中途半端な知識しか得られないのではないかと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、しっかりと要点を押さえて2つの分野を学ぶことによって、各分野の「物の見方」を4年間で習得することは十分可能です。根幹である「物の見方」さえ習得できてしまえば、枝葉の知識は、後からでも容易につけることができるでしょう。私達の身の回りにある工業製品の多くがエレクトロニクスと材料が融合してできており、分野横断的な知識を持つ人材を育成することは、社会への大きな貢献につながると考えられます。

静岡大学 工学部 電子物質科学科
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。