トップページ > 授業紹介 > 電気駆動車両の設計と製作「EV-Mileage」

授業紹介

電気駆動車両の設計と製作「EV-Mileage」

電気駆動車両の設計と製作「EV-Mileage」

電気駆動車両の設計と製作「EV-Mileage」

電気駆動車両の設計と製作「EV-Mileage」

横浜国立大学理工学部機械工学教育プログラムでは、3年生の応用機械設計製図Ⅰの授業の一環として機械工学の統合力と創造力を育成することを目的として、「EV-Mileage」と題した1人乗り電気駆動車両の設計と製作を行っています。
毎年4月より1チーム4人でEV車両の課題である巡航距離をいかに伸ばすかという目標を念頭に置き、車両の安全性に関わるルール、製作費等の制約を受けながら設計し、8月、9月の夏休みに学内機械工場で車両を製作します。そして9月下旬に供与されたバッテリを用いてキャンパス内の指定された周回1kmのコースを約2時間走行し、その周回数と所要時間によって順位を決める競技会を実施しています。
この授業では1, 2年次に学んだ材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、自動制御、機構学、機械設計、製図などの機械工学に関わる知識をものづくりに結びつけるプロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)を体験できるため、学生にとっては達成感が残る授業になっています。
またこの授業を通して、企画、購買、設計、製造、検査、評価と縮小版ではあるものの製造業における主な部署での業務を体験できるとともに、チームワークの大切さを学ぶことができるため学生にとって非常に良い経験となっています。

横浜国立大学 理工学部
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。