トップページ > 学生の一日 > 長岡技術科学大学ロボコニストの一日

学生の一日

長岡技術科学大学ロボコニストの一日

 私は現在3年生で、長岡技術科学大学 工学部 電気電子情報工学課程に在籍し、学生寮で生活しています。長岡技術科学大学では、高専から学部3年生への編入生が多く、授業の数には個人差が多いですが、3年生のうちはほぼ毎日講義があります。多い日は一日に6時限の授業があり、特に実験などでは19時ころまで授業が続くこともあります。

 私が今大学生活でもっとも熱中していることはサークルでの活動です。私が所属する『ロボコンプロジェクト』では学生ロボコンへの参加を目的として日々ロボットの設計や部品の加工、ロボットの製作を行っています。授業が終わるとすぐに活動に向かい、大会や締め切りが近い時はメンバーが活動室に集まって解散するころには外が明るくなっていることもあり、とても充実した日々を過ごしています。活動にかける熱量が大きいだけに実際に開発したロボットが想定通りに動いたときの喜びは何にも代えがたいものです。また、授業だけでは経験できない実際にモノづくりをするという経験が積めるほか、複数人での開発という体験は、社会に出てからも確実に血肉となって私を支えてくれると確信しています。

 大学生活は自由になる時間が多く、勉強以外のことにも挑戦できます。この貴重な時間を後悔の無い充実したものにできるようこれからも何事にも全力で取り組んでいきます。

長岡技術科学大学 電気電子情報工学課程 H.A.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。