トップページ > 学生の一日 > 自分のやりたいことができる環境

学生の一日

自分のやりたいことができる環境

 私が所属する流通情報工学科では、主に物流について学びます。講義では物流の仕組みや効率化につなげるためのプログラミング、物流における問題点を知り、解決策を考えるなど様々なことを勉強できます。また物流に限らず、M&Aや企業の海外進出の形態など経済についても学ぶことができ、私の研究室ではこれらを専門にしています。各企業の有価証券報告書を分析し、業界ごとの特徴を知ったり、今後の対策について考えたりします。物流業界だけではなく、興味がある企業や自分が就職する業界についても研究できるので、とても充実しています。

 この大学は他大学と比べると規模があまり大きくないのですが、その分学生と教授との距離が近く、研究しやすい環境が整っています。また、自分がやりたい研究ができるのも魅力の一つだと思います。

東京海洋大学 流通情報工学科 A.S.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。