トップページ > 学生の一日 > 工学系の大学生活を振り返って(山口大学大学院 工学系)

学生の一日

工学系の大学生活を振り返って(山口大学大学院 工学系)

 私は山口大学大学院創成科学研究科機械工学系専攻の修士2年です。学生生活を少し振り返ってみました。

  • 学部1年生
    まずは大学生活に慣れること。講義を受けて単位を取る。友達を作る。私は部活とアルバイトをしていたため、朝練に参加し、講義を受け、夕方からアルバイトに行く、という生活を送っていました。部活もアルバイトもない時は友達と一緒にいることが多かったです。
  • 学部2、3年生
    1年時と同様に学校では講義を受け、その他の時間でアルバイトやボランティア活動を行っていました。2年の夏休みに自動車免許を合宿で取りに行きました。
  • 学部4年生
    研究室に配属され、卒業論文に向けて研究が始まる。講義はなく、研究だけの1年でした。講義のように決まった時間がない分、アルバイトと研究をバランスよく行うことができました。私の所属している研究室は時間の縛りが厳しくないため、時間調節は自由に行っていました。夏には短期留学でマレーシアに行きました。
  • 大学院1年
    研究と講義の両立。夏にはインターンシップにも参加しました。
  • 大学院2年
    就職活動と研究。講義がないため、就職活動終了後、時間の使い方は自由。研究とアルバイトをメインに生活しています。

 長期休みは地元に帰ったり、友達と旅行に行ったり。

学生生活を振り返ってみて思うこと・・・

  • 部活やサークルに積極的に参加して下さい!(学科以外の友人を作るチャンス!)
  • 余裕があったら是非アルバイトもして下さい!(様々な年代の人と接することが出来、社会人としての接し方や気配りを学べる貴重な機会です!)
  • 2、3年生のうちにたくさん遊んでください!(大学生活にも慣れ、講義以外は自由時間のうちにたくさん好きなことして下さい!)
  • 留学に行くこともおススメです!(海外の学生達と触れ合えるいい機会です!文化や考え方など、たくさん刺激を受けました!また、留学によっては学校から金銭的補助がもらえたりします!)

 これから待っている大学生活、とにかく自由です!好きなことたくさんして下さい!いろんな人と関わって下さい!絶対楽しいです!ただ、単位はしっかり取って卒業することが第一です!みなさんが充実した生活を送れることを、願っています。

愛山口大学大学院 創成科学研究科機械工学系専攻 S.M.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。