トップページ > 学生の一日 > 琉球大学 工学部 機械システム工学科 4年生の1日の流れ

学生の一日

琉球大学 工学部 機械システム工学科 4年生の1日の流れ

6:30-起床
7:00-ランニングor 筋トレ
8:00-入浴・朝食・準備(毎年フルマラソンに出場しているので、大学のループ道路(2.4km)を2周走ります。たまに寝坊して三日坊主の時も。)
9:00-研究室ゼミor 課題(研究の進捗状況を報告し、改善点や今後の課題について議論します。)
12:00-昼食
13:30-研究or 課題or アルバイト(午後は、課題や卒業研究のプログラミングに取り組みます。時には、アルバイトに行くこともあります。)
18:30-夕食
20:00-異文化交流(留学生のチューターを勤めているため、留学生と夕飯や友達と遊びに出かけています。)
22:00-研究or 課題
1:00-帰宅・入浴(帰宅はいつもこの時間で、就寝は毎日2時頃です。遅いですが、とても充実しています。)
6:30-起床
7:00-ランニングor 筋トレ
8:00-入浴・朝食・準備(毎年フルマラソンに出場しているので、大学のループ道路(2.4km)を2周走ります。たまに寝坊して三日坊主の時も。)
9:00-研究室ゼミor 課題(研究の進捗状況を報告し、改善点や今後の課題について議論します。)
12:00-昼食
13:30-研究or 課題or アルバイト(午後は、課題や卒業研究のプログラミングに取り組みます。時には、アルバイトに行くこともあります。)
18:30-夕食
20:00-異文化交流(留学生のチューターを勤めているため、留学生と夕飯や友達と遊びに出かけています。)
22:00-研究or 課題
1:00-帰宅・入浴(帰宅はいつもこの時間で、就寝は毎日2時頃です。遅いですが、とても充実しています。)
卒業研究発表

卒業研究発表

研究室の仲間たち

研究室の仲間たち

留学生との交流

留学生との交流

NAHAマラソン完走

NAHAマラソン完走

学科・研究について

 私の所属する機械システム工学科(琉球大学工学部は平成29年4月に改組され、現在、1学科7コース制となっています)では、材料力学、機械材料及び加工学、熱力学、流体力学、制御工学の各基幹分野を学び、工場実習・実験やCAD、プログラミングも行いながら、ものづくりに関する幅広い分野を履修します。必修単位を多数落としてしまうと留年に繋がってしまうため、レポート作成など日々勉学に励み、特に試験期間中は、皆、真剣にテスト勉強に取り組んでいました。私が所属する制御研究室は、人工知能を用いたクレーン制御をはじめ、海洋ロボットや劣駆動ロボットの開発などの研究テーマに取り組んでいます。卒業研究の一環でロボコンの大会にも出場し、賞も獲得しています。研究で分からないことがあれば、大学院生の先輩や先生方に親身になって教えてもらえるので安心して研究に励むことが出来ます。

学生生活について

 私は、卒業に必要な単位をかなりハードに修得することを目標にしていたため、3年次までに卒業研究以外の卒業要件の単位を全て修得し、4年次では、就職活動や卒業研究に専念することが出来ました。卒業研究だけではなく、時には、アルバイト、友達や留学生との異文化交流といった生活も送っています。就寝時間は遅いですが、次の日に影響がないようにギリギリまで時間を有効活用し、友達や先輩方と学生生活を楽しんでいます。忙しくとも時間を上手く活用すれば、勉学や研究を疎かにせず、娯楽やアルバイト、サークル活動、異文化交流もでき、充実した大学生活を送っていけます。

琉球大学 工学部 機械システム工学科 M.M.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。