トップページ > 輝く工学女子!(Tech ☆ Style) > 【vol.112】全方向に興味と関心を!

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.112】全方向に興味と関心を!

vol.112エクシオグループ株式会社国際資源学部 国際資源学科
資源開発環境学専攻
Y.K.さん

2023年1月20日

進路決定までの経緯

 国際資源学部を受験することを最終的に決定したのは、工学系の学問の中でも”資源”についての専門性を獲得することで、新しい経験を通して自分の視野を広げられそう、と漠然と考えていたからです。それと、高校までの勉強の中では英語が好きだったこともあり、多種多様なバックグラウンドを持つ多くの留学生と日常的に関わりたいと思っていました。

大学院卒業後の進路

 通信キャリアから土木、建築、電気設備、再生可能エネルギーまでの、都市を構成する通信建設の会社で、都市インフラの事業に携わることになりました。覚えることや新しく経験することだらけだと覚悟しています。頑張ります。

最後に

 大学生になった当初は、新しい生活スタイルに慣れることも一苦労でした。学年が上がるにつれて、学ぶ内容も専門性の高いものになりますが、気がつけば卒業年度を迎えていました、、、!得意・苦手な教科に左右されず、納得できる進路を選んでください。

message

大変なことはもちろんありますが、楽しいことも、好きなこともたくさん見つけられます!

教えてなんでもアンケート

将来目指している(目指していた)職業は何ですか? 社会インフラの構築です。
工学系への進学理由は? 将来の職業を広い視野で考えたかったためです。
大学では何に力を入れて勉強(研究)していますか? 資源の採掘に使用するドリリングマシンの異常を早期に検知するシステムの開発です。
入学前と、入学後、工学部のイメージの違いは? 入学以前は、すごくカタいイメージがありましたが、入ってみるとそこまででもない、というのが正直な感想です。笑
実験や実習等の課題は多くても、なんとかなります。明るく乗り切るメンタルを持つことも大切です。
女子が少なくて困ったことは? 最初は私も不安でいっぱいでしたが、意外にもありません!
女子が少ない分、すぐに友達になれます。団結力も強いです。笑
理工系で就職は有利だと思いますか? 有利だと思います。実際、就職先の候補が広いと感じます。
文系の友達・知人と違うな~と思うところは? 実験レポートや研究による拘束時間が長いです。
高校時代に理数系の科目は得意でしたか? 全然です。受験に必要だったので、人並の点数にするまで頑張っていました。
高校時代の苦手科目は? 数学です。
ニガテ科目克服法や勉強のコツは? 聞くことと、基礎問題の反復練習です。とにかく平均を下回らないように、必死でした。
アルバイトをしていますか? 塾講師・イベントスタッフです。
お気に入りのグッズを見せてください♪ ネイルとカラーコンタクトが、毎日欠かせません。
工学部に来て大変なことは? 実験課題やレポート、研究に必要な周辺知識をたくさん勉強する必要があることです。
工学部に来てよかった事は? 考え方や物事の捉え方には常にアップデートが必要、と思えるようになったことです。
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2020-11-06

生レポート!大学教授の声

トラックの長大化と道路インフラの対応

東京海洋大学海洋工学部

2021-03-26

環境への取り組み

地下水などの再生可能エネルギーを活用した 温調システムの開発

山梨大学工学部

2022-04-01

工学ホットニュース

国際水素サプライチェーンに貢献する 液体水素用超伝導液面計の研究開発

神戸大学海洋政策科学部

2016-01-21

環境への取り組み

低炭素社会を目指す太陽エネルギー最大活用プロジェクト

宮崎大学工学部

2019-08-22

生レポート!現役学生の声

電気電子工学の魅力!

佐賀大学理工学部

2018-09-14

環境への取り組み

環境科学ビッグデータを用いて 太陽光発電の導入可能性を評価しよう!

電気通信大学情報理工学域

秋田大学
国際資源学部

  • 資源政策コース
  • 資源地球科学コース
  • 資源開発環境コース

学校記事一覧

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。