トップページ > 生レポート!大学教授の声 > 未来を創るキーワード「シビックテック」って? ー情報技術で社会課題に挑むー

生レポート!大学教授の声

未来を創るキーワード「シビックテック」って?
ー情報技術で社会課題に挑むー

2024年3月15日
名古屋工業大学
Webインテリジェンス、シビックテック特論、etc.
白松 俊
未来を創るキーワード「シビックテック」って? ー情報技術で社会課題に挑むー(図)AI相手にファシリテーションや議論参加を練習できる「議論シミュレータ」

 社会の進化には科学技術の進歩が不可欠ですが、ただ技術が進歩するだけでは十分ではありません。それがどのように社会を変え、人々の生活をどのように豊かにするかが重要です。AIのような技術は特に、社会の在り方を根本から変える可能性を秘めていますが、使い方次第では悪影響をもたらす恐れもあります。先端技術を開発する技術者には、その技術を社会に役立て、より良い未来を創造するビジョンが求められます。

 この記事では、工学部の中でも特に情報系の学問を通じて、どのように社会貢献ができるかを紹介します。皆さんは「シビックテック」という言葉を聞いたことがありますか?シビックテックとは、市民(Civic)とテクノロジー(Tech)を組み合わせた言葉で、情報技術を使って社会課題を解決しようとする活動を指します。WebやAIなどを活用して、より良い社会を実現しようとする人たちが世界中で活動しています。シビックテック活動では、情報技術を活用して社会課題に取り組むことで技術者として成長するチャンスになったり、コンテストで賞金が貰えたりします。

 名古屋工業大学大学院工学研究科工学専攻(情報工学領域)の白松俊研究室では、シビックテックのような市民の共創的な活動を支援するシステムを研究開発しています。特に、社会課題に関する議論や合意形成を支援するシステムを、「大規模言語モデル」と呼ばれるAIの技術を使って開発しています。図のシステムはその一例です。このような研究に、名古屋のシビックテック団体であるCode for Nagoyaの活動に参加しながら取り組んでいます。また、白松研究室では人工知能学会の市民共創知研究会という研究会の運営にも携わっています。この研究会では、シビックテックのようにAI技術を利用して市民と共に社会課題を解決することを目的としています。市民と研究者が協力し、AIを活用して新たな価値を生み出す様々な取り組みが行われています。

 シビックテックに興味を持ったら、ぜひCode for Japanが開催するCivictech Challenge Cup U-22(CCC U-22)というコンテストに参加してみてください。これは、シビックテックを通じて社会課題に挑む22歳以下限定のコンテストです。自らの技術とアイデアで社会に貢献するという、貴重な経験ができると思います。高校生の皆さんも、社会課題に挑む技術者を目指してみませんか?

議論シュミレータを使ったワークションの様子議論シミュレータを使ったワークショップの様子
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2022-10-21

なんでも探検隊

軽い・柔らかい・半透明で環境に優しい次世代型太陽電池

広島大学工学部

2023-12-15

Pict-Labo

微生物の会話を見る

九州工業大学情報工学部

2010-08-27

生レポート!卒業生の声

エンジニアに必要な体系的な知識

九州工業大学情報工学部

2023-09-08

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.121】自分の好きを広げてみよう

豊橋技術科学大学

2023-07-21

生レポート!大学教授の声

座右の銘

宮崎大学工学部

2023-12-07

生レポート!卒業生の声

魅力のおすそわけ

弘前大学理工学部

名古屋工業大学
工学部

  • 生命・応用化学科生命・物質化学分野
  • 生命・応用化学科ソフトマテリアル分野
  • 生命・応用化学科環境セラミックス分野
  • 物理工学科材料機能分野
  • 物理工学科応用物理分野
  • 電気・機械工学科電気電子分野
  • 電気・機械工学科機械工学分野
  • 情報工学科ネットワーク分野
  • 情報工学科知能情報分野
  • 情報工学科メディア情報分野
  • 社会工学科建築・デザイン分野
  • 社会工学科環境都市分野
  • 社会工学科経営システム分野
  • 創造工学教育課程
  • 基幹工学教育課程

学校記事一覧

生レポート!大学教授の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。