トップページ > なんでも探検隊 > カニやエビの殻で“ゴミが宝の山へ”!

なんでも探検隊

 

カニやエビの殻で“ゴミが宝の山へ”!

 
2010年01月22日
宮崎大学 工学部 物質環境化学科

研究の必要性

廃電子機器(テレビ、パソコン、携帯電話等)は、“都市鉱山”と呼ばれ、“レアメタルの宝庫”

「都市鉱山」という言葉を聞いたことがありますか?
鉄や銅、金などの金属類は、通常は鉱山から採掘した鉱石を精錬(せいれん)して得られます。しかし、例えばあなたが毎日使っている携帯電話の中にも、多くのレアメタルが使われています。中でも、金は携帯電話1トンあたり300グラム近くも使われているのです。また、パラジウムやインジウム(世界の埋蔵量の何と約61%が日本にある)などのレアメタルも含まれています。
レアメタルは世界的にも埋蔵量が限られており、それらのリサイクル技術の開発は急がれています。現在、廃棄されている電子機器からレアメタルを回収することは、自然界から採掘するよりも省エネ的であり、何よりも貴重な資源の有効活用につながります。

カニやエビの殻でレアメタルを回収

都市鉱山からレアメタルを回収する方法は、現在は溶鉱炉で溶かして分離・精錬するのが主流です。しかし、その方法では多くのエネルギーと労力を消費します。そこで、我々が着目したのが、食品加工業から大量に廃棄されているエビやカニの殻に含まれるキチン・キトサンという物質です。

これらはレアメタルを吸着・回収する能力をもっており、環境にもやさしい新材料なのです。これらを使って、金やインジウムなどを吸着させ、都市鉱山からレアメタルを回収しようというのです。この吸着材は繰り返し利用もでき、環境保全型で省エネルギー型のレアメタル回収材として世界中から注目されています。これが実現すれば、日本はレアメタルの立派な資源立国になることができます。

カニやエビの殻でレアメタルを回収
抗菌活性と吸着・凝集作用
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2021-11-19

環境への取り組み

循環型プラスチック材料の開発

北見工業大学工学部

2019-09-20

生レポート!大学教授の声

「工学」とは夢を実現する学問

茨城大学工学部

2013-01-25

環境への取り組み

下水処理場のバイオマスパーク化に向けた社会実証実験

豊橋技術科学大学

2013-08-05

なんでも探検隊

コンピュータをもっと使いやすく!もっと楽しく!!

埼玉大学工学部

2009-10-01

なんでも探検隊

携帯電話を分解してみよう!

山形大学工学部

2015-01-15

環境への取り組み

資源循環型社会構築のためのレアメタル分離剤開発

佐賀大学理工学部

宮崎大学
工学部

  • 応用物質化学プログラム
  • 土木環境工学プログラム
  • 応用物理工学プログラム
  • 電気電子工学プログラム
  • 機械知能工学プログラム
  • 情報通信工学プログラム

学校記事一覧

なんでも探検隊
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。