トップページ > イベント・実験体験会 > ~海洋プラスチックなどを使って時計を作ろう!~

イベント・実験体験会

~海洋プラスチックなどを使って時計を作ろう!~

開催日 令和5年10月29日(日)10:00~12:00
場所 秋田大学 理工学部 アクティブラーニング棟
対象 小学1年生~中学3年生
定員 10名
参加費 無料
申込締切 9/19(火)12:00~10/26(木)12:00
~海洋プラスチックなどを使って時計を作ろう!~

 クロスオーバー教育創成センターでは、科学に直接触れ、体験することのできる教育として、小・中学生を対象としたものづくり体験型授業を展開しています。今回は、理工学研究科技術部の協力を得まして、「海洋プラスチックなどを使って時計を作ろう!」を実施いたします。

 本教室では、環境問題をテーマに海洋プラスチックごみなどを使った、オリジナルの時計制作を行います。ものづくりの楽しさを体験しながら環境問題を身近に感じてもらうことを目的としています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

秋田大学
理工学部

  • 生命科学科(生命科学コース)
  • 物質科学科(応用化学コース)
  • 物質科学科(材料理工学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(数理科学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(電気電子工学コース)
  • 数理・電気電子情報学科(人間情報工学コース)
  • システムデザイン工学科(機械工学コース)
  • システムデザイン工学科(土木環境工学コース)

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。