トップページ > イベント・実験体験会 > 春の子どもプログラミング・ワークショップ

イベント・実験体験会

春の子どもプログラミング・ワークショップ

開催日 令和4年4月30日(土)
① 午前の部 10時00分から11時30分
(工作の続きをする人は12時00分まで延長可)
② 午後の部 13時00分から15時30分
(工作の続きをする人は16時00分まで延長可)
場所 100周年記念ホール(100周年キャンパスUECアライアンスセンター1階)
対象 ① 午前の部 小学校1~3年生
※ 1~2年生は保護者の方のサポートが必要
② 午後の部 小学校3~6年生
※ 保護者付き添い可
※ 子どものみの参加可
定員 ① 午前の部、② 午後の部ともに各5名(※ 応募者多数の場合は抽選)
参加費 無料
申込締切 令和4年4月20日(水)
春の子どもプログラミング・ワークショップ

 本講座は、平成29(2017)年より開講しています。文部科学省の学習指導要領では、情報という分野が子供が自然と身につけるべき要素として位置付けられています。プログラミングを学ぶことは、新たな言語を学ぶことと同様に、学ぶ人の認識する世界を広げることにつながります。本講座では、英国生まれのマイコンボード“micro:bit”を使用したマイコンプログラミングや、学童用プログラミング言語の“Scratch”などを使ったプログラミング活動を行います。

内容

 英国生まれの教育用マイコン micro:bit を使ったプログラミングのワークショップです。
 日本語を使ってブロックを組み立てるようにプログラムをするので、はじめてのお子様でも取り組めます。
 原則対面を想定していますが、今後の新型コロナウィルス感染拡大状況に応じて、遠隔もしくは対面と遠隔のハイブリッドとなる可能性があります。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

電気通信大学
情報理工学域

  • Ⅰ類(情報系)
  • Ⅱ類(融合系)
  • Ⅲ類(理工系)
  • 先端工学基礎課程(夜間主課程)

学校記事一覧

イベント・実験体験会
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。