トップページ > 学生の一日 > 宇大生の1日

学生の一日

宇大生の1日

 私は、宇都宮大学基盤工学科情報電子オプティクスコース電気電子分野の4年生です。

 宇都宮大学工学部は機械、情報、電気電子、応用化学の4つのコースに分かれており、2年次からコース配属されます。1年次では基礎的なことやそれぞれのコースがどのような研究を行っているのかを学び、自分に合ったコースを選択することができます。大学入学後に自分が進みたい分野を選択できることが、宇都宮大学工学部の特徴だと思います。

 私の所属している研究室ではレーザーに関する研究をおこなっており、私は超広帯域光と呼ばれる白色光源の開発をおこなっています。この白色光源は、目に見えているすべての色を含む光のことで、スマートフォンのディスプレイの欠陥検査用光源などに用いたいと考えています。

 私は平日は9時から10時ごろに学校に行き、20時ごろまで研究をしています。研究はうまくいかないことも多いですが、先生や大学院生からアドバイスをしてもらいながら毎日楽しく実験しています。昼食や休憩の際に、同期や大学院生と研究の話だけではなく、色々な話をすることが私の研究室生活の楽しみのひとつでもあります。休日は研究室に行くこともありますが、アルバイトをしたり友人と買い物に行ったりと自由に過ごしています。

 簡単にですが、宇都宮大学工学部のことや私の研究室生活について説明させていただきました。皆さんの参考になると幸いです。

宇都宮大学 工学部 基盤工学科 A.O.
※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。