トップページ > 学生の一日 > 福島大学共生システム理工学類4年生A君の場合

学生の一日

福島大学共生システム理工学類4年生A君の場合

8:00  起床、10:00 大学到着・実験→自宅から大学まで約1時間、12:00 昼食→実験で忙しいときは研究室で。余裕があるときは研究室のメンバーと外に食べに行くこともあります。13:00 実験、18:00 夕食、19:00 勉強・実験→分からないことは学生同士で話し合って解決したり、先生に相談したりします。先生は私たちの相談に真摯に向き合ってくれます。21:00 帰宅→休日は宅配ピザのアルバイトをしています。アルバイトがない時は、友達と遊びに行ったり、所属している部活動の練習に行ったりしています。0:00  就寝

●大学でどのようなことを学んでいるか

1年生では、数学や物理、化学といった理工学の基礎を学び、2年生からは専門的な科目や、実験が増えてきます。私は有機化学、無機化学、物理学実験、化学実験等の科目を学びました。高校の時から化学や物理が好きだったので、このような科目は興味をもって受講できました。一方、辛かったのは試験勉強とレポート提出でした。私の場合、アルバイトと部活動と試験勉強の3つを両立しなければいけなかったので、1週間に試験が5科目、レポートの提出が5科目あった時は毎日ほぼ徹夜でした。そうならないためにも、日々の講義をきちんと聞き、予習復習を行うことが大切ですね。4年生になると主に研究を行っています。時には学会に参加し、自分の研究テーマを発表する機会もあります。実際に学会に参加した時は、他大学の学生や教授、企業の方からさまざまなご指摘を受け、自分自身の勉強不足を実感しましたが、参考になるお話もたくさん聞くことができ、改めて自分の研究を見直せる良い経験になりました。

●研究室の雰囲気

研究するときは熱心に研究し、遊ぶときは思いっきり遊ぶメリハリのある研究室です。研究室のメンバーとは実験の関係で夜遅くまで残っていることが多いので、いろいろなことを語り合っています。また、他の研究室とも仲が良く、合同での飲み会やボーリング大会を毎年行っています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。