トップページ > 学生の一日 > 秋田大学工学資源学部情報工学科3年生 女子の場合

学生の一日

秋田大学工学資源学部情報工学科3年生 女子の場合

個人またはグループ単位で実験をします。画像処理やネットワークプログラミングの実験などがあります

3年生の講義はPerlでのプログラミングを学ぶ実習や、SFLという言語を用いてCPUの設計をしていくコンピュータ援用設計といったコンピュータを利用する講義が多くあります。また、プログラミングだけでなく数学や電気回路など幅広い授業があります。
曜日によってはサークル活動があります。私は室内楽のサークルに所属しています。難しいのでなかなか上手くは弾けませんが、定期演奏会に向けて練習しています。
休日はケーキ屋でアルバイトをし、接客を通して販売する側としての立場や責任などを学びました。
このように、学科のクラスメイトだけでなく、サークルやアルバイトで多くの人たちと接することができ、さまざまな考えに触れることにより良い意味で影響を受けてきたと思います。
課題など大変なこともありますが、高校まででは決して体験できないことが大学には多くあると思います。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。
このサイトは、国立大学56工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。