トップページ > 生レポート!大学教授の声 > 常識をくつがえそう!

生レポート!大学教授の声

常識をくつがえそう!

2016年08月29日
静岡大学 工学部 化学バイオ工学科 環境微生物生態工学研究室
二又 裕之
生レポート!大学教授の声

今までの常識というのはしばしば大きく覆ります。しかし、全くの無から新しいことが生み出されるということはありません。自然界で生じている現象を解明・利用し、あるいは、既存の知見・技術を組み合わせることで新しいことが生まれます。私の研究は微生物達の生き様を解明することですが、微生物が鉱物生成に関わり鉱物をエネルギー授受に利用していること、そこから発展して微生物が廃棄物を分解し電気エネルギーを生み出すこと、そして、微生物に電気をかけることで新しい物質生産技術の可能性も指摘されています。微生物−鉱物−電気という一見すれば関連性の無いものが結びつくことで、私達が知らなかった(気が付かなかった)世界が出現しつつあります。

生レポート!大学教授の声写真は、電極とその表面に生息している微生物です。
この微生物は電極呼吸「電極に電子を渡す」をして生きているんです。
このように異なるもの同士が結びつくと、実は私自身の世界も広がります。つまり、それまで縁の無かった電気化学分野や材料開発の研究者、あるいはまた、深海海底下を研究しているような方々とも交流が生まれています。このことは、「単に研究をする」ではなく、研究に携わっている学生や自分の人生が大きく豊かになっていくこととつながっているように感じています。

高校での学習は、大学で学ぶことの基礎の基礎であり、それらの延長線上に研究があります。研究では私達の常識を超えた面白いことがしばしば起こります。でも、「常識を超えた面白いこと」に気が付くためには、常識を理解し、でもそれに縛られないで、自然現象を素直に見つめる心も重要になってきます。どうぞ、皆さんにはきちんとした常識と素直な目を自ら育て、新しい世界を深め進展させていく主役として活躍してほしいと願っています。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2014-10-22

生レポート!現役学生の声

工学らしくない工学部

北見工業大学工学部

2015-08-03

環境への取り組み

微生物の機能を利用した汚染浄化及びバイオプラスチック産生

室蘭工業大学工学部

2014-08-05

環境への取り組み

植物や微生物が排水をきれいにしながらエネルギー・資源を生産します。

山梨大学工学部

2010-09-14

環境への取り組み

身近な環境浄化から国境を越えた環境調査・環境再生まで

金沢大学理工学域

2017-05-26

生レポート!大学教授の声

自分探しの旅に出よう!

横浜国立大学理工学部

2017-04-21

Pict-Labo

マイクロスフィア・スクリーニング

鹿児島大学工学部

静岡大学
工学部

  • 機械工学科(宇宙・環境コース)
  • 機械工学科(知能・材料コース)
  • 機械工学科(光電・精密コース)
  • 電気電子工学科(情報エレクトロニクスコース)
  • 電気電子工学科(エネルギー・電子制御コース)
  • 電子物質科学科(電子物理デバイスコース)
  • 電子物質科学科(材料エネルギー化学コース)
  • 化学バイオ工学科(環境応用化学コース)
  • 化学バイオ工学科(バイオ応用工学コース)
  • 数理システム工学科

学校記事一覧

生レポート!大学教授の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。