トップページ > 生レポート!大学教授の声 > 若者よ、勉強しなさい。

生レポート!大学教授の声

 

若者よ、勉強しなさい。

 
2011年12月5日
山口大学 工学部
三浦 房紀

若者よ、勉強しなさい。

日本はエネルギーの90%以上、食料の60%以上を輸入しています。そのために巨額のお金を外国に支払っています。資源のない日本は、製品を輸出してそのお金を外国から稼ぐしかありません。そうしないと日本はどんどん貧乏になっていき、今のような、便利な生活は送ることができなくなります。

しかしながら、世界は激しい競争社会です。良いモノを売らないと買ってもらえません。そのためには、日本は世界の人々に喜んで買ってもらえるモノを創り、作る必要があります。その実現には世界でトップレベルの科学・技術が不可欠です。2番ではダメなのです。1番の国だけが世界からモノを買ってもらえるのです。

真理を見つける科学、そしてまだだれも創っていないモノを作る技術、これらを身につけることは確かに大変なことですが、とても楽しいことです。人間はもともと創造性に富んでいて、創造することに喜びを感じるようになっています。

そのためには、数学、理科をじっくりと時間をかけて勉強してください。いろんなモノに興味を持ってください。早く正解を見つける訓練ではなく、その式が何を意味しているのか、その現象が何を物語っているのか、自分の言葉で友達に説明できるようになってください。もちろん問題が解けることも必要ですが。

若者よ、勉強しなさい。

それから、皆さんが大人になって働くころは、今よりもさらに国際化が進んでいるでしょう。当たり前すぎて、もはや「国際化」という言葉も死語になっているかも知れません。その時に大切なのは、日本人としての誇りです。堂々と外国人とやりあう、あるいは良い友達をつくるには、国際語としての英語も必要ですが、しっかりとした日本の文化、日本の歴史観も必要です。良い本がたくさんあります。インターネットで断片的な知識を得るのではなく、たくさんの本を読んでください。

しっかりと勉強してください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2017-04-28

生レポート!現役学生の声

何かに本気で打ち込むことの大切さ

宇都宮大学工学部

2015-11-05

生レポート!現役学生の声

アイデンティティの確立、自分とは何か

鳥取大学工学部

2011-03-16

生レポート!卒業生の声

夢にときめけ!明日にきらめけ!!

岡山大学工学部

2014-09-03

生レポート!現役学生の声

伝わる大学 伝える大学

筑波技術大学産業技術学部

2010-01-22

生レポート!大学教授の声

工学を学び「ものづくり」のリーダーに

京都工芸繊維大学工芸科学部

2014-08-28

生レポート!現役学生の声

自分で決める大学生活

新潟大学工学部

山口大学
工学部

  • 機械工学科
  • 社会建設工学科
  • 応用化学科
  • 電気電子工学科
  • 知能情報工学科
  • 感性デザイン工学科
  • 循環環境工学科

学校記事一覧

生レポート!大学教授の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。