トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 海外で学ぶということ

生レポート!現役学生の声

海外で学ぶということ

2015年11月26日
室蘭工業大学 工学部
海外で学ぶということ

 私は夏休みにオーストラリア、ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)へ語学研修に行きました。短期間ですがオーストラリアで暮らして、現地の方々と英語で会話して感じたことあります。当たり前のことかもしれませんが、言語はその地域・人々の文化や性格を表すものであるということです。

 語学研修中に私は何度かRMITの学生さんにご飯をご馳走してもらうことがありました。最終日に夕食やカラオケに行き、そこでもおごってもらいました。「ありがとう。お金を出してもらって、申し訳ない。」といいたかったのですが、「申し訳ない」という気持ちを英語でどのように表現すればいいのかわかりませんでした。「Thank you. But I feel guilty.」と言ったら「Why?」と聞かれてしまい困りました。この言い方では伝わってないのか、あるいはあまり良い表現ではないのかと考えました。「申し訳ない」という気持ちを伝えるのではなく、「お礼をしたい」という気持ちを伝えようと、私はとりあえず「Thank you. When you come to Japan, I’ll treat you.」と伝えました。あとからその子から聞いたのですが、オーストラリアの人々は、友人同士でおごったりおごられたりということに対して、日本人のような「申し訳ない」という感情はそれほど抱かないそうです。そのようなことを言うとよそよそしく感じられてしまうこともあるそうです。

 実際に英語を使って暮らし、英語圏の文化にふれ、英語学校やRMITの学生さんと会話していく中で、私の中で中学校、高校とただの暗記科目だった英語が一種のコミュニケーションツールに進化したと感じました。海外で学べたことは語学以外にも沢山あり、私の中で、海外でもっと勉強したいと思う気持ちが強くなりました。

 私の次の目標はロシア留学です。語学だけではなく文化や技術も学び、将来、自分の専攻分野(航空宇宙工学)の開発・研究に役立てたいです。学生のうちにしかできないこと、したいことにどんどん挑戦していきたいです。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2014-03-04

生レポート!現役学生の声

海外技術研修で変わったこと

山口大学工学部

2013-09-27

生レポート!現役学生の声

研究を楽しもう

群馬大学理工学部

2015-12-10

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.21】好奇心を原動力として

長崎大学工学部

2015-11-30

生レポート!大学教授の声

先生も飯を食う?

埼玉大学工学部

2015-12-17

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.22】苦手克服から開けた道

大分大学工学部

2011-01-28

生レポート!卒業生の声

技術者・研究者を目指す皆さんへ

香川大学工学部

室蘭工業大学
工学部

  • 建築社会基盤系学科
  • 機械航空創造系学科
  • 応用理化学系学科
  • 情報電子工学系学科

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。