トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 自分で決める大学生活

生レポート!現役学生の声

 

自分で決める大学生活

 
2014年8月28日
新潟大学 工学部 建設学科・社会基盤コース
I.H.

自分で決める大学生活

私は建設学科・社会基盤コースに所属しています。

私たちの学科では1年生時は自由に選択できる教養科目が中心になります。2年生時からは建築・社会基盤の2コースに分かれて専門科目を学ぶことになります。社会基盤コースでは応用力学、水理学、地盤工学などを学びます。3年生時にはそれまでに学んだことを基礎として、実験や実習などのさらに発展した専門科目を学びます。4年生からは研究室に配属され、それぞれがテーマを決めて研究を行うことになり、研究を通してさらに専門的な学習を行うことになります。私は今コンクリートに関連した研究を行っています。

学年が進むにつれて「自分から調べ、考え、決める」という機会が増えます。特に専門科目を学習するようになってからは顕著です。3年生時には社会基盤プロジェクト・マネージメントという授業があり、この授業はグループごとに架空の橋梁設計を行い、橋の寸法、耐力計算、工期、建設費用などを決定し発表するというものです。当然初めてやることばかりなのでその過程でいくつも課題や意見の相違が生じました。それを解決するために参考資料を探したり、班員と話し合ったり、自分たちで考え動くことが必要になりました。自分たちで決めるということは難しく大変だという面もありますがとても楽しいことでした。こういった経験はこの先の研究や社会にでるにあたっても役に立つと思います。

多くの人は勉学以外にもサークルや部活などの様々な課外活動を楽しんでいます。実際に大学生活を送ってみると高校生の時に自分が思っていた以上に自由に使える時間が多くできることも多様です。大学生活ではいろいろな選択肢がある分、何をやるのか自分で決める機会も多く、「能動的に考え、決める」ことが大切になってくると思います。ただ先ほども述べたように自分で決められることが多いというのは非常に楽しいことだと思います。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2010-02-01

生レポート!卒業生の声

大学生活で学ぶ「知識」より重要なこと

神戸大学海事科学部

2015-10-08

生レポート!卒業生の声

卒業して今思うこと

香川大学工学部

2013-10-18

生レポート!現役学生の声

大学生活で学べる身に付くたくさんのこと

秋田大学理工学部

2010-02-08

生レポート!大学教授の声

未来へ:工学部の森

横浜国立大学理工学部

2015-07-27

生レポート!現役学生の声

ものづくりの素晴らしさ

金沢大学理工学域

2010-07-29

なんでも探検隊

島嶼(とうしょ)における防災研究

琉球大学工学部

新潟大学
工学部

  • 機械システム工学プログラム
  • 社会基盤工学プログラム
  • 電子情報通信プログラム
  • 知能情報システムプログラム
  • 化学システム工学プログラム
  • 材料科学プログラム
  • 建築学プログラム
  • 人間支援感性科学プログラム
  • 協創経営プログラム

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。