トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 大学生活向上計画進行中

生レポート!現役学生の声

 

大学生活向上計画進行中

 
2010年6月10日
電気通信大学 電気通信学部 
人間コミュニケーション学科
Y. A.

大学生活向上計画進行中

私が初めてパソコンを触ったのは小学生の時でした。
その時でも「すごい」と思ったパソコンは、高校生になるころには「もっとすごいもの」になっていました。
デスクトップからノートパソコンへ、性能の向上、新しいアプリケーション。
どんどん進化していく世界に私も関わりたい!そう思ったのが、工学部を選んだ理由でした。

大学では現在あるものをどう使うかを学ぶだけではありません。4年生になると研究室に配属され、指導してくださる先生の下で新しいものを自分で見つけたり作り出すことができるのです。そんな楽しい研究生活が4年生の一年間だけでいいはずがない!そう思い私は1年生で研究室公開日に見学に行きました。そこで今通っている研究室を見つけ、これから研究をしていく上で必要な勉強をさせてもらいました。研究室の先輩から研究に関連したことに加え講義や生活面でのアドバイスを頂いたことが、今の私のやる気に繋がっていると思います。3年生の今は研究を始めさせてもらい、今年学会で発表をすることが目標です。

研究室公開などの企画は年に何回か行われています。研究室に行ってはみたいけどちょっと気が引ける人にとって、これはチャンスなのでぜひ活用してほしいです。

電気通信大学は2010年度に学部改組をし、現在、総合情報学科、情報・通信工学科、知能機械工学科、先進理工学科があります。学生たちの興味に応えるとともに、社会が求める人材を育てるため、実践力が特に身に付く教育プログラムを用意してくれています。

工学部に進学したいと思っている中高生は、ぜひとも電気通信大学のオープンキャンパスなどをのぞいてみてください。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2011-02-22

生レポート!現役学生の声

新しい材料で未来をつくる

愛媛大学工学部

2015-07-27

生レポート!現役学生の声

ものづくりの素晴らしさ

金沢大学理工学域

2012-09-26

生レポート!現役学生の声

大学生活の学び

弘前大学理工学部

2010-02-08

生レポート!大学教授の声

未来へ:工学部の森

横浜国立大学理工学部

2010-12-09

生レポート!大学教授の声

高校生時代の自分からみた工学

福島大学共生システム理工学類

2014-12-12

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.14】目指せ文武両道!!

琉球大学工学部

電気通信大学
情報理工学域

  • Ⅰ類(情報系)
  • Ⅱ類(融合系)
  • Ⅲ類(理工系)
  • 先端工学基礎課程(夜間主課程)

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学55工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。