トップページ > 生レポート!現役学生の声 > 科学の力でステキな社会へ

生レポート!現役学生の声

 

科学の力でステキな社会へ

 
2010年3月18日
山形大学 工学部 物質化学工学科 2年
M. T.

科学の力でステキな社会へ

私は現在、山形大学工学部物質化学工学科で化学全般について学んでいます。私はもともと理系科目が得意だったわけではなく、文系へ進むか理系へ進むかは高校3年生になるまで迷っていましたが、ただ純粋に化学が好きで興味もあるという理由から理系へ進むことを決めました。さらに、私たちの生活により直接関わり役立つ研究をしたいという理由で、工学部への進学を決めました。

さて、先ほど述べたように、山形大学工学部物質化学工学科は化学全般が学べる学科ですが、医薬・農薬、燃料電池、排水処理剤、機能性食品、固定化酵素、光機能性材料、環境監視用センサー、再生・循環可能な材料、電子デバイス、セラミック、ナノ粒子など、将来の選択肢が多種多様です。これほど選択肢が多いと、ただなんとなく大学生活を送っているのでは、やりたいことをなかなか絞れないでしょう。目標を持ち、積極的に自分から学び、行動を起こしていかなければなりません。

こんなことをいうと、少し不安に感じる人もいるでしょうが、中学や高校と違い、努力すれば自分の手である程度のことは何でもできる、大学とはそんな魅力的な場所です。そして、多くの経験を積んでいくうちに、だんだんと自分が専攻したい分野も明確に見えてくるものです。

現段階で、すでに明確な将来の夢をもつ人も、ただ化学が好き、興味があるという人も、私たちの生活をより良いものにしたいと考えている人も、ぜひ工学部への進学を考えてみてはいかがでしょうか。

※このページに含まれる情報は、掲載時点のものになります。

関連記事

2012-10-12

生レポート!現役学生の声

北極に行ってみたい!

北見工業大学工学部

2010-05-27

生レポート!卒業生の声

社会に出る工学系学生の皆さんへ

弘前大学理工学部

2015-12-10

生レポート!大学教授の声

工学とは創造学

横浜国立大学理工学部

2015-11-05

生レポート!現役学生の声

アイデンティティの確立、自分とは何か

鳥取大学工学部

2015-10-08

生レポート!現役学生の声

よく学び、よく遊ぶ大学生活

岡山大学工学部

2015-07-23

輝く工学女子!(Tech ☆ Style)

【vol.19】資源学を英語で学ぶ!

秋田大学国際資源学部

山形大学
工学部

  • 高分子・有機材料工学科
  • 化学・バイオ工学科
  • 情報・エレクトロニクス学科
  • 機械システム工学科
  • 建築・デザイン学科
  • システム創成工学科

学校記事一覧

生レポート!現役学生の声
バックナンバー

このサイトは、国立大学54工学系学部長会議が運営しています。
(>>会員用ページ)
私たちが考える未来/地球を救う科学技術の定義 現在、環境問題や枯渇資源問題など、さまざまな問題に直面しています。
これまでもわたしたちの生活を身近に支えてきた”工学” が、これから直面する問題を解決するために重要な役割を担っていると考えます。